サカムケア 1月14日

「サカムケア」という薬、知ってるかなぁ?指先のさかむけのところに塗るといいという。買ってみたチューブ入りの薬は、軟膏かと思ったら大違い。キャップを開けるとセメダインと同じ強烈なにおいが!においだけでなく、状態もまったく同じ、プラスチックの小さなへらがついていて、それでささくれに塗ればいい。二度塗りすると傷口のカバーが完璧なんだって。一度目が乾いたところへ二度塗りしてはみたものの、なんだかセメダインを塗っているようで気持ちが悪い。

鴨  1月13日

うちで、ネコを2匹(犬も一匹)飼っている。ネコは専用ドアから自由に外と行き来できるようにしてあるためかなりの頻度でいろんな生きものを捕まえてくる。で、昼間は必ず「こんなの捕獲しました」と見せにくるので「よくできました」とお返事をしてから庭に再度出て行ってもらうのがいつものパターン。捕ってくるのは、ねずみは大小とりどり、蛇・かえる・モグラ・蝉・とんぼ、などなど。

白鳥 1月5日

犬と散歩中、どこかで聞いたことがあるような鳥の鳴き声が聞えてきた。あたりを見回しても鳥らしき姿はなくてふと空を見上げると、白鳥が4羽ひし形に隊形を組んで南下して行くところだった。白鳥の鳴き声、TVのニュースで聞いたことあるような
無意識に覚えているものなんだぁ。とても澄んだ正月の青空に白い点のひし形、羽を羽ばたいているのまで見えた。

9月4日-法事

姉の義父の法事、神道なので50日祭。後年はやはりボケの入った義母を見送ってさらに同じくボケのある義父の面倒を見てきた姉夫婦、大変な時間だったろうと改めて思う。来春結婚する姪のパートナーが来ていて、今風の若い青年ながらもしっかりとした様子でとても安心する。ほっとした様子の姉、良かったなぁ。ただひたすらよかったよかった。

9月3日-木内酒造

まいづる塾の事業で那珂町の木内酒造へ地ビール作りと社長さんのお話をうかがいに出かける。地ビールつくりは以前体験済だったので社長さんのお話が楽しみだった。歳の頃は70代?結構年配なのだけどお話になる内容は大変濃いものだった。塾生の黒羽さんがビデオを撮ってくださっていたのでそこからMDに音声だけを落とし、原稿お越しをしてみようと思う。

商売上手、センスのいい店の作りはこういう社長さんあってのものだったのだと納得。

8月22日-裂き織り展

大豆生田先生の教室の卒業生のかたが、全国裂き織り展に出品するというので教室の仲間と拝見に行く。1ヶ所だけではもったいないので日本民藝館も行くことになる。民藝館では沖縄の絣や型染めの展示をしていてなかなか素敵、行く途中の道沿いにある住宅も、東京の金持ちってすごいなぁと思わせるようなつくりの家が並んでいて歩いていても飽きない。塀に豆皿を埋め込んである家があって、なんてもったいない!と言うかおしゃれ。

7月23日-地震

4時ごろ大きな地震があり、ニュースで東京の交通が麻痺していると言う。二女が友人たちと大学見学に行っていて、携帯は既につながらなくなっていた。不安なまま待っているしかない。しばらくすると連絡が入ったのでとりあえず上野に向かいなさいと指示。

7月8日-太田まつり

正直言って、毎年気の重いお役目、太田祭りの寄付集めの時期になった。今年はとんでもないことが発覚。事業の市の担当職員が補助金の一次流用をしていたのが見つかり懲戒解雇となる。太田まつりは市民のボランティアによる実行委員会を組織してそこへ市から補助金をもらっていたので、実行委員会そのものにも重大な責任がある!

Scroll to Top