「罪の声」「浅田家」~日本の映画よ、どこへ行く

浅田家 映画公式サイトはこちら

罪の声 映画公式サイトはこちら

(ネタばれ含む)

コロナ騒ぎで映画館から遠ざかり、物足りない気分でいたが、やっと落ち着いたような気配の漂う中2本の映画を見た。感想は…とほほ(毎度)

浅田家
著名な賞をもらった写真集、自分も持っている。カメラや写真のいろいろを教えていただいていたころ、手にした写真集の一つ。写真の視点もだけど、この写真を撮ろうとした次男に協力した家族ってどんな家族?そんなストーリーが展開されるのだと思って選んだ映画だった。

映画が始まるとまもなく、この映画は事実に基づいたエピソードをもとに構成されている云々というクレジットがでる。何その書き方。感動実話と公式サイトにも載っているけど、そこじゃなくエピソードに基づいて構成云々のところ。どういう意味?それは見終わったら理解した。映画に芯がない、って意味ね。

浅田さんの写真は面白いし、この写真集をきっかけに家族写真を撮るようになっていったそれもとても理解できる。そのこと自体はとても意味あると思える。

東日本大震災で被災した地域で、がれきの中からアルバムを探し出し丁寧に洗って持ち主や関係者に戻そうとした取り組みも、リアルタイムでニュースで知っていたし、とても意義ある活動だと思っていた。

それらの「意味ある」「意義ある」ことごとを、ただ並べただけの映画。それらを突き通すなにがしかのメッセージがない。映画を作る人たちは、それを訴えたくて映画にするのではないのか?

それがまったく感じられないんだね。淡々とエピソードがつづられていく。「淡々と」っていう飾り言葉は、そのあとに続く文言を肯定的に感じさせるものと思ってるけど、淡々とただ並べ連ねただけなんだよなぁ、この映画。

何でこんなつくりなんだ?と思ってみてて、エンドロールになり訳が分かった。

映画を作ったのはジャニーズ事務所なんじゃん。ジャニーズの顔見世興行のために映画をつくり、金をはたいて豪華な共演者をあつめ、よさげな(泣けそうな)エピソードを並べて映画にしました、ってことか!!菅田将暉って仕事選ばないって、友達が言ってた。二枚目の無駄遣い、役者の無駄遣い。

演技派と言われそうな共演者は、役を演じながら疑問を感じなかったんだろうか?映画を撮っている撮影組のスタッフは、これを映画と言っていいのか、疑問を感じなかったんだろうか?日本の映画ってこんなつくり方を許していいんだろうか?

 

 

 

「罪の声」

浅田家の上映前にこの映画の予告編が流れていた。浅田家を見終わって、ため息をつきながら次は「罪の声」を見に来て口直ししなくちゃと思った。(その時は期待感いっぱい)

はい、この映画も映画じゃない。ドラマだ。よくできたミステリードラマだ。原作は読んでないけど、本だけにしておいたほうがまだよかったんじゃないだろうか、ミステリーなら許せるよ、何もメッセージが入ってなくても(ミステリー好きのかたには申し訳ない。ミステリーにも訴えるものが込められている作品多々あることは承知している)。

こっちも出演者豪華だよ。こんだけの出演者揃えてるんだから、さぞやいい作品、期待作、と思わせちゃうトリックに今回まんまと引っかかった、私。

よくできたミステリードラマ。ほかに言うべき言葉はないです。脚本、あのドラマで絶賛された人だったね、でもこれじゃなぁ。WOWOW、金出しても、ドラマ作ってるくらいがいいんじゃないか。映画の夢を壊さないでおくれ。

ただね、出演者の配役が、これはまぁぴったりで。よくもまぁこんなにぴったりな役者ばかりいたもんだ、と日本の俳優陣の層の厚さを感じたのが、唯一の救いかも。もったいない。家族にスポット充てるとか、報道の意義を突き詰める、記者の苦悩とか、いろいろメッセージの種はいっぱい転がってたのになぁ、ストーリーの中に。

原作が長いのか?原作の中から、テーマを選んで切り詰めたらよかったのか?感情移入できないことこのうえない。涙もろくなっておばさんが見てるのに…。

邦画って、ほんとに生き残れるんだろうか?

クロックムッシュ適当風

誰しも、何度も繰り返し見る同じシチュエーションの夢ってあると思う。自分の場合も二つ三つある。

そのうちのひとつはもう20年以上も前に参加していた子どもたちと親が生の舞台を楽しむという親子のサークル活動の全国版のこと。会員の会費を積み立てて、演劇や音楽の舞台を招へいして観劇するシステム。

夢の中では、いつもその団体を閉じるとしたした年のラストの舞台の取り組みを忘れていて、慌てふためいて会員に呼びかけたり会場の手配をしたり…。舞台まで期日もないのに、動員できる会員が少なくて、それでは演者さんに申し訳ないからと、地域の団体に関係ない人も巻き込んでなんとか会場を埋めようともがいている…ってところが多い。

会員でない人を巻き込むというところで、今現在係わりのある人が出てきたり、パルティホールはコロナだから、300人でいっぱいか?なんていう今どきの設定も微妙に加わっていたりして、夢なのに細部が決まってたりする。

とにかく何とか団体の有終の美となる最後の舞台を盛り上げたいともがくけど、誰もその苦労を理解してくれる人がいなくて一人駆けまわる、って哀しいシチュエーション。

この夢、何が奥にあるんだろうね。何かを行うにあたっての責任の最後のがけっぷちにいる自分を助けてほしいとか?観劇のシステムに対する不満とか?夢の奥に透けて見える自分の心がうっとうしくて、いつもいやになる。疲れてるんだろうね(簡単な結論だなぁ)。

 

寝起きからもりさがる日は、無駄に丁寧な朝食をつくる。クロックムッシュ適当風、おいしい。

げいさい

 

美術家・会田誠さんをツイッターでフォローしているので、新刊が、しかもエッセーではなく小説だというので気になっていた。購入したものの、なかなか読み始められなくていたが、先週末あるドジを踏んで家でゆっくりする時間が増えたため一気読みした「げいさい」(右)

 

ブルーピリオド は以前読んでいたのが、会田誠さんはその漫画を知っていて、小説を書き終えるまで漫画を読まないでおいたんだって。

 

会田誠さんは文章がうまいという印象だったけど、小説かぁ…という感じの若干の不安を持ちつつ読んだけど、杞憂もいいところ。引き込まれてあっという間に読み終えちゃった。

 

最初元カノのパフォーマンスの場面描写がやたら長いんじゃん?とか思ってたけど、ちゃんと意味ある。後半の二浪することになる二次試験の絵のモチーフにいたる場面は読み応えある。自分にも経験があるエピソードが深くかかわっていたので、なおさらだった。そのせいでは自分は2か月で10キロ近く痩せてしまったんだった、とか思い出しつつ。

漫画でも同じような状況が描かれていて、書き終えるまで漫画を読まないと決めたのも頷ける。

 

話変わるけど、KingGnu ってバンドが彗星のように現れ「東京藝大出のメンバーが二人もいる」と話題になってた。その曲の歌詞を読んだり、メンバーの話すことを見聞きするときに、音楽と美術という別ジャンル藝大枠の人たちだけど、この藝大を目指すところで、同じような精神的なダメージ(ふさわしい言葉じゃないかも、なんていえばいいのかな?)を刻まれちゃうのね。「自分じゃないものになりたい」自分の周りに才能の塊がうようよいる状況の中でもがくと、ついてしまう傷なのかね。

 

音楽や漫画の世界に藝大出の人が多くあらわれるようになった、今そんな時代なんだなぁ。

あと5年

フォンズは常陸太田市生涯学習センターが新規オープンしたときとほぼ同時に発行が始まった市民による生涯学習情報誌。

 

当時、県立生涯学習センターが唯一県北にはなく、日立市に建設されるのか常陸太田が引っ張るのか、綱引きがあるのではと聞いた。が、常陸太田はあっさりと県立生涯学習センターの綱引きから降り、市立を目指したのだという。あくまでもうわさで聞いた話。
そんなわけで、市立生涯学習センター立ち上げにかかわった市の職員さんは「えり抜き」の人がそろっていた。その顔ぶれをみて、そう感じたものだった。

 

えり抜きの職員さんの中で、私も懇意にさせていただいていた方が「市民による生涯学習情報誌をたちあげたい。」と言って相談に来たのは来るミレニアムに世の中がなんとなくざわめいていたころだった。

 

「市民が創る情報誌といって、形だけ市民を集めて、職員が縁の下で段取りを進めるのではなくて、一から全部作る情報誌にしたい。なので、市民の方はこれと思う人を一本釣りしていきます」と。私も、釣られた人でした。釣られたなんて言い方は申し訳ないですね、その職員さんの心意気に感じたので、喜んで食いついたのが正確でしょう。2000年6月に創刊された情報誌が「フォンズ」です。それから20年もたってしまって、今89号を制作中です。はるばる遠くに来たもんだ~♪と歌いたくもなります。

 

数年前、そのフォンズ瓦解の危機がありました。取材から写真撮影、原稿のレイアウト・取材先の連絡から発行後のお礼と発行紙のお届けまで、「あんたらがやるんでしょう?市の補助金もらって作ってるんだから…」などの職員の発言から、発行に携わっていたメンバーすべてが「もう(フォンズメンバーを)やめよう」と一致したことも。

 

なんだかんだありましたが、今も続いております。続いているのは、20年も楽しんで作ってきたフォンズをきれいな形で終わらせたい一心から。あと5年ほどで100号がみえてきて、その100号を記念して終わりにしたらいいな、と密に策を練っております。

ひそかなたくらみとは別に、新しく入ったメンバーの力によって、紙ベースでの発行であったものにWEBという力強いツールを手にすることになりました。Mさんがメンバーに入ってからのフォンズの垢ぬけた仕上がりは、紙面を見ていた常陸太田市民の方にも伝わっているに違いないです。そのさらに上を行って、今まで発行されたフォンズバックナンバーをすべてWEBにアップし、常陸太田市の生涯学習にかかる情報が検索できるようにしあげたい、Mさんの夢だそうです。

PDFデータでしか残ってなかった全8ページ88号分、8の3並びですが700余ページをテキスト化している最中です。(テキスト化しないと検索に引っかからないからね)

20年のフォンズの歴史の中で、愛着のある連載がいくつかあります。「水の思い出」というタイトルで表紙を飾った市民の方たちのリレーエッセイ。市内在住農家による野菜や畑のあれこれを描いていただいた「農天気」、そしてどうしても情報誌に漫画を入れたいという私の願いをかなえてくれた「踊るママパラダイス」という漫画付き子育てエッセイ。そして一番最後に始まった「太田点描」という連載のクオリティは相当な高レベルと読むたびに思います。

毎晩宿題のように、連載物のテキスト化をする作業は、果てがないですが、楽しんで携わってきた道を振り返るようで、苦ではありません。ポチポチと原稿を見ながら打ち直しをしていると、その原稿をいただいた時に頭はタイムスリップしていきます。そうだった、こんなこともあった、あの時の取材先は剣呑なひとだったなぁ、あの取材は楽しかった、などなど。

そして、出来上がるテキストを見ているとある種の感慨にとらわれます。10年近く続いた連載もあり、原稿を書いて下さった皆さんになにかお返しできないか?100号記念号はかかわってくださった方たちへのお礼を込めて作りたいし、形になる何かを皆さんにお返ししたい。

今日も、ポチポチテキスト化の宿題、5年後のそのお礼はどうしようかの楽しみを思いながら。
(写真は連載の漫画の中で好きなもののいくつか♡)

常陸太田の人情はみょうがの味

6月24日のフェイスブックにこんな記事を書いた。
(リンクはアカウントある人した見られません)

*****以下転載

夏の好物でなかなか作れないのがミョウガの甘酢つけ。あっという間にぽりぽり食べちゃうので、買ってまで作れない^_^;

誰か庭に捨てるほどはえてくるひと、とってわけてくれないかと、人知れず毎年願ってる。

わけてくれたら仕上がり品をお返しするのになぁ。

聞くと、ミョウガの生えてる場所つて、なめ○じとか、蛇とかいるシケったところなんだって?だから農家でもあんまり作らないって、ほんと?

*****
何気なく投稿してるんだけど、読んで気にかけてくれている人って案外多いんだな。何がって、今年の夏はみょうがをいただんですよ、ほんと立て続けにお届けいただいたのでびっくり。

おばちゃんの与太話を覚えてくれていて、しかも季節がきたら手間を惜しまずあのやぶ蚊の多いがさ藪をかきわけてみょうがを取ってくれるという方に、私ぁ囲まれて生きているんだと、しみじみしちゃった。

ありがたくこうして甘酢漬けにしていただいております。
皆様、本当にありがとうございました。
思えば思うほど、ありがたくて涙出ちゃうよぉ‥‥。

iMacがくる~ぅ

 

MacBookProのストレージが結構いっぱいになってきたんだけど、新しい機種を買おうか、いっそのことiMac買おうか…悩みに悩んで、iMac注文したら、1週間もしないうちに、iMac新しいの出ました!ってAppleのニュース。そんなあほな‥でも、しょうがないなぁと思っていたら、詳しい友人が「マックは手元に届いてから1-2週間以内なら返却できるはずだから、届いたら返送した方がいい」とアドバイス。

 

そんな会話をしたその晩に、こんなメールがきました。(冒頭の写真)なんか、Appleって不思議な会社ねぇ。

村上春樹短編はさようなら

この本を最初に知ったのはアマゾンの予約本として。

本屋さんで、平積みされていたのをみたら、不思議に思っただろうな。どうしてこんな表紙?

安西水丸さんじゃないもんなぁ、もう。

微妙な違和感を持ちつつ、予約して届いて読んで…。

 

おもしろい短編もいくつもありました。でも書下ろしのは…判断する者じゃないとは思うけど、短編集はもう買うのをやめよう、と思った。読み終えても本棚には戻さず、ブックオフ行に用意してある段ボール箱の一番上にそっと置く。

 

なんか、さみしいね。深み読みもできるんだろうし、忘れられない村上短編もある。でも、よく考えたらその短編も「好き」で、忘れられないのではなかったなぁ。なんだろうこの不思議な読後感。

三題噺~キュウリとアートとフォンズ

まずは前段。

常陸太田市生涯学習センター発行のフォンズという情報誌の手伝いをしてかれこれ20年余。回覧板で市報等と一緒に配布されてくるだけだったが、WEBを整備できることになり、バックナンバーがすべてネット上で見られるようになった。

生涯学習センター発行 フォンズ 

WEBでは画像データとしてアップされていて、そのままでは検索に引っかからないため、現在はページを鋭意テキスト化の真っ最中。

8ページ×88号発行済みなので、総ページ数704ページ!いや、途方もないデータアップしないとなぁ…。パソコンの時代だったので、作った原稿は残っているのもだいぶあり、ストック分をやっと全部WEB担当の方にお渡しした(今ここ)。

原稿は、校正されて紙面になるので、その校正をネット上のBNを見ながら修正して上書きして、というなかなか面倒な作業ではある。が、長年楽しんで作ってきたフォンズなので思い入れもあり、作業自体はさほど苦にはならない。

校正しつつなので、必然的に文章をそのまま読む、でキュウリ!

里美にいらっしゃる「木の里農園」の布施美木さんに、「百姓母ちゃんの農天気」というコラムを連載していただいていた。こちらのBNの7ページ目にキュウリについて書いてくださっている。↓

46号 農天気⑭「ありがとう!キュウリ君」

「夏といえばキュウリ。これがもううんざりするくらい採れるので(中略)キュウリやトマト・ナスといった果菜類は、根・茎・葉を伸ばす栄養生長と実をつける生殖成長を同時にする植物だそうだ。人間でいえば、体がどんど大きくなりながら、子どももどんどん産んでしまう!?」

そうそう!キュウリが食べきれない程もらえるのだ(田舎暮らしあるある)。うっかりすると10本なんてすぐに冷蔵庫にたまってします。ぬか漬けなんかでは食べきれない…お上品に千切りにしてそうめんのトッピングに、なんて言ってたら1本しか消化しきれないの(苦笑)

話変わってある年の夏、越後妻有のトリエンナーレに友人と1泊2日で鑑賞旅行に出かけた。アート作品については横において、その時のお土産のベストが「キュウリのクローブ漬け」。名前は私が勝手につけたもの。名のない田舎の漬け物に敬意を表してなづけました、クローブ漬け。

クローブ座についてはこちら
地域アートについては、いろいろ?なものもあるけど、越後妻有トリエンナーレはさすがに先頭を切っているだけあって、コンセプト・作品・地域との連携など素晴らしいものが多い。そのクローブ座を見学に行って、地域の歴史寸劇をおばちゃんたちの地域の料理とともに見て食べた。その中にあったのがきゅりの漬け物。キュウリのキューちゃんとはまた違った味でピリ辛で美味しかった。

おばちゃんのひとりに、どうやって作るかを聞いたら、田舎料理あるあるダイナミックな漬け物だった。

***キュウリのクローブ漬けレシピ*****

キュウリ 2㎏(約20本!取り忘れてぶっとくなったのでもOK)

青じそ  好きなだけ(多いほど美味しい)積み上げて高さ8センチくらい
唐辛子  お好み
しょうゆ 3カップ

みりん  1カップ

酢    1カップ

砂糖   100g~400g(お好み)

・キュウリは大きめの乱切り、シソは5㎜くらいに細く切って大きな鍋に入れて混ぜておく。
・他の材料を別の鍋に入れてぐらぐらに沸騰させて、キュウリの上からざっとかける。
・冷めるまでそのまま置く。
・冷めたら、キュウリとシソを取り出し、漬け汁を再度沸騰させて、キュウリの上からかけて、冷めるまで置いておく。
・この作業をもう一回繰り返すと出来上がり。1週間くらいは冷蔵庫で保存できる。
・夕ご飯のあと、作り始め、翌朝もう一回、その夕方もう一回とやると手順がいい。
*******

シソの量が半端じゃないよ。

私「シソの量はどれくらい使うんですか?」

おばちゃん「これくらい」といって手の親指と人差し指で高さ(!)を示してくれた。グラムとか枚数じゃない、高さ!

農家の庭には必ず、赤しそと青シソが植えてある(っていうかいつの間にか生えてくるんだろうけど)、スーパーで10枚きれいにパック詰めになった温室育ちのシソじゃない、陽にかんかんにあたって、虫食いにも負けず育ったごわごわのしそっぱが目に浮かびました。

トリエンナーレ鑑賞旅行から帰宅してしばし、「こいこい、キュウリ」と思っているとおばあちゃんちからでっかいキュウリや曲がったキュウリなど来ましたねぇ。早速つくりました。

 

アートの思い出がこんなのって、昨日聞いたばっかりの「限界藝術」か?

キュウリとアートとフォンズの三題噺でした。

市内回遊パンフ配りの巻

以下の事業所他(敬称略)を、山新と100均で買い物したものを梅津に届けながら、一筆書きルートで回れるか?

教育委員会
市役所
山新
100均
養徳園
梅津会館
観光物産協会
道の駅
図書館
パルティホール
生涯学習センター
金茶猫
ひたちの中央クリニック
久保田クリニック
菜の花クリニック
渡辺医院
ひたち太田家庭医療診療所
ガトーデイジー

 

いけましたね(^^♪ あんまり難しくはないね、常陸太田在住30数年!

 

鴨肉のローストを作ってみた

地元に名の知れたフレンチが開店したのは10年近く前。ちょっと変わりの者のシェフさんと、ワインに詳しい八嶋智人似のギャルソンがいた。

東京で名が出たというフレンチが何で常陸太田にお店を出したのかは???だけど、出されるメニューは最高に美味しかった。ランチで2000円台、ディナーで最低5000円台という価格で苦戦していたが、それとは別の理由からか残念なことに閉店してしまった。

スープが最高に美味しかったのがとても印象深かったけど、鴨肉のメニューを地元で食べられるってのも何ともうれしかったなぁ。

そのお店がなくなってからは、鴨肉のローストなんて、東京にでも行ったついででもないと食べられないものになってた。コロナ禍で豊洲市場も苦戦しているというニュースはもう何か月も前の話題だけど、その際通販サイトを除いていたら、鴨肉売ってるじゃん!(当たり前)

 

ソッコーかっては見たものの、さて料理するのは…で、やっと作ってみました。

さすがに上記の名店の味にはならないけど、そこそこ美味しい鴨肉が夕飯のメニューに並びました。作ってみたレシピはこちら。

そんなに難しくはない。ちゃんとジューシーに仕上がるけど、時間がかかる。8分焼いてひっくり返して2分焼いて又ひっくり返して2分焼いて…という手順。焼きあがってからもアルミホイルにつつんで20分落ち着かせないとドリップがでるという。

 

最後の20分を惜しんでというか、計算違いで夕飯の時間に間に合わず10分に短縮したせいか、多少ドリップが出てしまったけど、でも美味しい♪

さて、鴨肉をいちいち通販で買うのはなぁ、面倒だなぁと思っていたら、地元のチキンデリカさんの冷凍庫に鴨肉を発見!これから食べたいときに作れる♪

****
最初にレシピサイトを探して保存しておいたメモと、ブログのためリンクを貼ってみたら、レシピが違っていた。

 

作ってみたソースのレシピは以下の通り。

水 75㏄
醤油 大匙2
赤ワイン大匙2
バルサミコ酢 大匙2
はちみつ 大匙2
マーマレード(ブルーベリージャムでもOK) 大匙1

はちみつは好きじゃないのでメープルシロップで代用、マーマレードもブルーベリージャムのなかったので頂き物のブラックベリージャムで代用。

ソースがちょい甘いんじゃない?っておもったら案の定甘い。次回は砂糖をひかえる(メモ)

*****

今度はこっちのレシピで作ってみる

鴨ロースのわさびソース

Scroll to Top