むかしむかし~映画の感想㉖

2002年ごろ書いていた映画の感想

*****

至福のとき 

/ 主演ドン・ジエ 監督 チャン・イーモウ(予告編はこちら
                  
          
「あの子を探して」「初恋の来た道」の監督チャン・イーモウが贈る『しあわせ3部作の最終章』。いい映画でした。「赤いコーリャン」を書いた莫言の原作。北京の大都会で起こる御伽噺風のストーリー。盲目の身よりのない娘が、初めて人から大切にされることによって、一人で生きていく勇気を得ることができ、旅立つまでの物語。

「おとぎ話」と言うのは、登場人物があまりにも善意の塊のようだから…。自分たち自身、明日のわが身も知れない無職の人たちが、かわいそうな娘を思ってあれこれ面倒を見たりする、その様子が現実離れして見えるから。でも、その現実離れの御伽噺のようなストーリーで監督が伝えてくるのは「人から大切にされる」感覚がどれほど人を勇気づけるかという真実。

ラストシーンで、親切にしてくれた人たちの元を去り、杖をこんこんと鳴らしながら一人大都会の中を歩いていく少女の姿が映し出される。その画面の下半分はなぜか黒く塗りつぶされている。盲目の少女の世界をそのまま画面にしてあるように思う。が、世界が暗闇なのは少女にとってだけではない、とその画面を見ながら思った。

目が見える私たちは、世界を「目の当たり」に見ていると思ってはいるが、本当の所は「見えていない」と言う点で盲目の少女と同じかも知れない、いやそれ以上に見えていないのかもしれない。人の心や感情の動きとその人が発する言葉が裏腹なのは言うまでもないこと。映画のキャッチ「青い空は見えないけれど 輝く星も見えないけれど 私はあなたの心がみえます」、そのことを半分黒い画面で監督は伝えたかったのではないだろうか。

盲目の少女が一人で生きていくことを選んだラストシーンで、本当にそれでいいのかと心配になってしまったが、「暗闇の世界」を生きているのは彼女も私も同じだと気づいた時、「心配する」視点のあやうさにも気がついた。あの少女も私も同じ暗闇を歩いている、それならば彼女のように明るく笑いながら生きていこう、そう思えたのだった。

むかしむかし~映画の感想㉕

2002年ごろ書いていた映画の感想

*****

パイレーツ・オブ・カリビアン 

/ 主演 ジョニー・デップ オーランド・ブルーム 2003年
アカデミー賞主演男優賞(ジョニー・デップ)他 (予告編はこちら) 
          
お仕事からみで、見なくちゃいけないことになり、レンタルビデオを借りてきたものの、なかなか見れずにいた。自分の好みの映画じゃないし、主演のジョニー・デップも「濃ゅ~い顔」が嫌で・・・。

いやぁ、面白いから、見たらって子どもに薦めちゃったよ。見る前はや~な印象だったジョニー・デップがいい男に見えてきちゃったものね、変われば変わるもんだよ自分の印象も。何事も先入観念はいけませんです、はい。

海賊が盗んだ金貨には呪いがかけられていて、その呪いを解く鍵を持つ提督の娘とその娘が昔介抱した鍛冶職人が海賊に狙われる。ジョニー・デップは海賊同士の因縁をはらそうとしてその二人にからんでいく・・・。

「カリブの海賊、ってあれかぁ」、製作はディズニーなのね。だから海賊ものといいながらも至極健全。CGが見事、筋書きも面白い。超娯楽作ってこういうのを言うんだろうね。家族そろって見られるディズニー映画という言葉をけなすのではなく、誉め言葉で使っちゃう。

面白い映画って見ていたのに、結構深いとこもついてんじゃんって思ったのは、悪者海賊の死ぬシーン。オチがからむので詳しくは書かないけど、金や名誉やいろんなものへの欲に目がくらんでいると、本当の快楽は得られないよって、昔話によくあるオチではあるけれどそれでもやっぱしいいとこついてるよ、あのシーンは。

むかしむかし~映画の感想㉔

2002年ごろ書いていた映画の感想

*****

北京ヴァイオリン

/ 主演 タン・ユン(唐韻)、リウ・ペイチー(劉佩奇)他  2002年
/ 2002年サン・セバスチャン国際映画祭最優秀監督賞
最優秀主演男優賞(リウ・ペイチー)  (予告編はこちら

「中国の今はこうなんだ」素朴にそう感じた。古きよきアジアをとどめていたのは、遥か昔のことで開発と近代化の波にもまれ、貨幣経済によって様変わりしてしまった中国の印象が一番強かった。

ものがたりはヴァイオリンの名手の一人息子をどうにかして中央の晴れ舞台に押し出そうとする父と、大都会北京で「音楽は心の表現」となるために様々な出会いを通して、美しい音色を響かせられるまでの息子の心の交流を描いたもの。

中国の映画は、懐かしいせつなさにあふれていて、好きなんだけど、このところ繊細綿密な映画を見つづけたせいか、シナリオの荒っぽさが目に付いてしまう。近代化・お金お金といく流れに掉さして家族愛の美しさ大切さを訴えたいのだろうけど…。ちょっと流れが乱暴かな。キャラの設定もかなり紋きり調でイマイチ感情移入できない。

主演の息子役はヴァイオリンのコンクールでスカウトされたそうで、映画の中の曲もほとんどは彼が弾いている。演奏の時の表情と演技の時の表情にギャップがあるが素朴さを残していてはまり役。父親とまるで似てない風貌はストーリーを反映するもの。

役柄が音楽教授の家にその音楽教授の写真が飾ってあって、妙にその写真のポーズが撮られなれている、はまっているなぁと思ったら、教授役を演じているのは監督自身だった。写真うつりの堂々さ加減はマスコミに登場してきた監督の自信の現れだったのだと納得。

職にも就いている様子もないのに、やたら金遣いの荒い、いったい何で食べてるのかと思える美しい女性リリ役の女優さんが藤原紀香そっくり。

むかしむかし~映画の感想㉓

2002年ごろ書いていた映画の感想

*****

真珠の耳飾りの少女

/ 主演 スカーレット・ヨハンセン 2004年
アカデミー賞3部門ノミネート サンセバスチャン国際映画祭受賞 (予告編はこちら) 
          
17世紀オランダの画家、フェルメールの描いた「真珠の耳飾りの少女」が生まれるまでの物語。家計を支えるため画家の家に住み込みの使用人として雇われたグリート、父譲りと思われる美的感覚の鋭さがいつしか画家の目に留まり、絵の具の調合を手伝うようになる。二人の関係を嫉妬する画家の妻や、狡猾なパトロン、すべては金のために動く妻の母、使用人に嫉妬する画家の娘・・・。

画家の絵のモデルとなったグリートが、完成間近の自分の絵をみて「心まで描くの!?」とつぶやく、その一言にすべてが凝縮されている。性的な関係を伴わない、芸術に自分自身をささげたもの同士の魂がふれあう官能。

ピアスって不思議なアクセサリーだと思う。自分と同世代ぐらいの人は、ピアスに抵抗のある人の方が多いんじゃないだろうか?私がピアスをあけてきたとき、夫は「そんなことをするひとだったんだぁ」と私のことを思ったらしい。「親からもらった身体に傷をつけて(ー_ー)!!」って感覚だったらしいけど、自分にしてみると、だからこそピアスを開けたんだよねぇ。親との境界線を引く意味とか、自分自身の意思で自分の身体も管理できる証みたいな意味も、ちょっとは込められているんだなぁ。

この映画では、ピアッシングの瞬間を画家とモデルの二人の魂の交流の瞬間として捉えている。性的な隠喩を読み取ろうと思えばいくらでも読めるけど、それは違うかもしれない。愛すればこそ、その愛の対象(モデル)に「手をつける」ことなく、美しくなっていく瞬間を永遠に絵の中に画家は残したのだろう。

グリートをモデルにして絵を描くよう画家に注文したパトロンは、その提案の奥にグリートへの欲望・下心を潜ませていた。完成した絵を手にしたパトロンが憎憎しげにその絵を眺める。描かれていたのは、大人の女へと変身する純粋な乙女の姿。その絵から少女の成長を大切に見つめ永遠の美に留めた画家の愛情を読み取る。芸術の理解者を装うものの、決して芸術そのものの高みへは手が届かないパトロンの嫉妬。

画家の妻も二人を怪しんで嫉妬する。画家である夫に、「どうして絵のモデルが私じゃいけないの?」と問い詰めた、その答えが痛い。「理解できないからだ」。美醜や老若など、越えられない差異はたくさんある。「理解できない」という差異は絶望的に深い谷のように存在する。違いを受け入れられずに嫉妬に苦しむパトロンや妻の姿が哀れに悲しい。

むかしむかし~映画の感想㉒

2002年ごろ書いていた映画の感想

*****

踊る大捜査線 THE MOVIE2    レインボーブリッジを封鎖せよ!
/ 主演 織田裕二 柳葉敏郎 深津絵里 他2003年   (予告編はこちら

前作は漫画を読んでいるようなノリで楽しく見た記憶があった。TVの連続ドラマでもお笑い系のお話仕立てで面白かった。でも、それが人気が出てしまって、映画も大ヒットしてしまい、「予定が狂ってしまった」と制作側が一番そう思っているのかも、なんて思いながら見た。

本来、こんな感動巨編みたいなお話ではなくて、軽いノリのTVドラマのシナリオだったし、そういうつくりにあわせたキャスティングなのに、前作のヒットで、続編は前作を越えなくてはならないって重~い荷物を背負わされちゃったんだろうなぁ。すんごく、そこが残念。人に知られてないおいしいもののお店がマスメディアに紹介されて、お客が殺到し、味が落ちるって過程を映画でやっちゃったって感じ。TVで喜んでいた客層はきっとこの映画で、引いたろうなぁ、私も含めて。

面白いと思った唯一の点は、初めてきた女性管理官が、これでもかっていうほど人間味のない人に描かれていたこと。ああいうタイプは、世の中にいることはいるんだろうけど、それをあえて女というカテゴリーのせいのように描いたのは、さすがサンケイグループならではの作りかも。

「ああいう上司って嫌だよね」って共感する人も多いんじゃないだろうか。それを「女」に刷り込もうとするのは、見ていてとても悪意を感じる。その女性管理官は女性の社会進出のモデルのように警察機構の中で振舞っていて、それを本人も利用しながら、上昇志向ぎらぎらさせている。漫画のノリのようなわかりやすいキャラ設定は、だからシナリオ作家の思考が如実にでていて、というより、サンケイグループの上層部を見ながらシナリオを書いている作家の姿が思い浮かぶ。

ジェンダーフリーに対する逆風がこんなところにも現れているっていう見方が、唯一この映画の面白かったところでしょう。

でも、織田裕二ってちょっと好み。好きだった人に口の形と笑顔が似てるんだなぁ。

むかしむかし~映画の感想㉑

2002年ごろ書いていた映画の感想

*****

息子のまなざし 
/ 主演  オリヴィエ・グルメ (公式HPはこちら) 2002年
/カンヌ国際映画祭主演男優賞・エキュメニック賞特別賞
ファジル国際映画祭グランプリ・主演男優賞
ベルギー・アカデミー最優秀作品賞・主演男優賞 (予告編はこちら

見終えても何も語りたくない。この映画について何かを語ると、語ったことと語らなかったものの間のずれが、語ったのは自分なのに埋めようがなく、語るのをやめるしかこの映画を伝えることはできないと思えてしまう。

ラストシーンのために、もう一度見たいと思った。自分が許されない痛みを与えてしまった相手の前に、ああやって「たつ」こと、そのシーンのために。

おまけ
実家が製材業を営んでいたので、背景の木工作業の現場の風景が懐かしい。木材を切るときの音が画面から響いてくると、その切っている木材の振動が手に伝わり、木の断面の大きさに比例して強くなる香り。ラストシーン、二人で木材を車に積み、ロープを掛けシートでくるむ、すべての動作に身体の記憶が呼び起こされた。懐かしい思い出。

むかしむかし~映画の感想⑳

2002年ごろ書いていた映画の感想

*****

めぐりあう時間たち

/ 主演 ニコール・キッドマン他 2003年
/ 2003年アカデミー賞主演女優賞 (予告編はこちら

解る人には解る、解らない人にはまるで解らない映画。解る人とだけ、シェアしたいので感想はパス。5月13日朝日新聞「銀の森」は納得できない。

むかしむかし~映画の感想⑲

2002年ごろ書いていた映画の感想

*****

マルホランド・ドライブ 

/主演/ナオミ・ワッツ 2001年 (予告編はこちら

難解というか不条理というか、?な映画だという評判通り。謎解きのBBSが映画公開後2年もたった今も賑わっているそうだけど、それも肯ける。デビット・リンチ監督は「観客はこの映画を直感で読み取るだろう」と言ったとか。私の直感的な印象は、2人の女性のラブストーリーだな、ってもの。

女優を目指して田舎の町から叔母の住むハリウッドへ生まれてはじめてきたベティ。留守の間借りる約束の叔母の家で荷解きをしていると、無人のはずの家に記憶をなくした美しい女性・リタがいた。リタの記憶を取り戻す手伝いをしているうちにものがたりは奇妙に時空間をよじれてすすんでいく。なぞを解く鍵らしいブルー・ボックスをリタがあけた瞬間,その箱に閉じ込められていたパラレルな時空間へ観客はスリップさせられる。

謎解きや深読みにはまれば、DVDでも買って何度も見直し、シーンの小物さえも何かの意味があるとはまっていくのも解る。いつもなら、そんな映画の見方をしがちな自分だけど、この映画では違った。なんて悲しいラブストーリーだろうって、想いだしても胸が痛む。

あやしい司会者が「お静かに」と幕をあげるステージで唄われる悲恋の唄こそが,この映画のクライマックス。その唄を聴きながら現実の世界では幸せになれなかった2人の女性が涙を流すシーンが忘れられなく印象的。

タイトルの「マルホランド・ドライブ」と言うのは、実在のハリウッドの通りの名前。真夜中に若者が暴走したりギャングたちの死体遺棄の場所として有名だとか。ハリウッドの夜景を見下ろせる曲がりくねった暗い道、荒涼としたところもあるが、ハリウッドスターなどしか住めないような超高級住宅もあるという。暗闇の中をうねうねと続くそんな道は、人の心の闇の中をたどる道のりの象徴なんだろうと思う。

むかしむかし~映画の感想⑱

2002年ごろ書いていた映画の感想

*****

ロスト・イン・トランスレーション

/ 主演 スカーレット・ヨハンセン 2003年
/ アカデミー賞最優秀脚本賞受賞 4部門ノミネート(予告編はこちら) 
          
同じ日に見た2本の映画の主演が同じ女優さん、スカーレット・ヨハンセン。まったく趣の違う2本の主演作を見て、女優らしくない印象の弱い顔が彼女の売りかも知れないと思った。たとえば、ジュリア・ロバーツのような美女は顔の印象が強すぎて、役よりキャラクターの方が浮き出てしまいがち。観客もそれを承知で、ジュリア演じる役を見ているというように。

朝日新聞の「銀の森」がこの映画を取り上げていて、珍しく酷評。日本文化の中に溶け込めないでいるのは、異文化への旅の準備を怠った「外人」のほうにあり、疎外感の壁を作っているのはその外人本人たちだという視点が欠けているという評だったけど、でも、銀の森のほうが誤解かも、って思う。アメリカ人の傲慢さが鼻につく映画だとも言っていたが、見てみたらアメリカ人の滑稽さ、薄っぺらさもきちんと描いているし、だいたい映画の伝えたい部分はそこではないのではないかなぁ。

自分の居場所がないと感じている存在同士が、共通部分をお互いの中に見つける。共鳴する心、それをよく人は「愛」だの「恋」だのに勘違いしちゃう。けれどもここの二人は、簡単に恋なんかしなかった。居場所がないと感じている人は、寂しさを抱えて生きているんだけど、その寂しさを忘れるためにする恋愛ってのが、実は『いわゆる恋」の正体かも知れない。共鳴は「いわゆる恋」なんかではなくて、もっと根源的な一体感とか、同じ方向を見つめるもの同士の共感みたいなものじゃないだろうか?寂しさを解消するのではなく、寂しさを抱えたまま、それでも日々をあるがままに生きていこうとする勇気のようなものを感じる映画だった。

むかしむかし~映画の感想⑰

2002年ごろ書いていた映画の感想

*****

死ぬまでにしたい10のこと 
/ 主演 サラ・ポーフィー  2002年  (予告編はこちら

夢もなにもない、毎日目の前に起こることを片づけて生きてきた23歳のアン。ある日腹痛で倒れ検査すると余命2ヶ月の進行癌と宣告される。底辺で生きてきた自分と家族のことを思い、病気を打ち明けないことを決意する。そして、死ぬまでにしたいことを夜のカフェで書き出してみた。10のリストができあがった。アンはそれらをひとつづつ実行していく。

「死」なんていう状況設定をする物語なんて、きわものっぽくて、一歩引いて用心しながら見るに限るって思っていた。死ぬまでにしたいことが10、それがあまりに何気ないことで、それゆえに主人公アンの暮らしのつつましさに想いがいたる。

毎日娘に愛してるよという
家族でビーチに行く…

幸せってどこか遠くにあって、何かを越えないと手に入らない、そういうものではなくて、こういう毎日にこそあるんだ。そうやって毎日を生きることが、よい死につながる。生と死は断絶ではなくてつながっている同じものなんだ。

「夫以外の男性とつきあう」10の中にあるこの項目は女役割の中に閉じ込められた女性がこころの奥底に持っているもの。「誰かが私に夢中になるように誘惑する」は女性として生きることとセットになって刷り込まれているもの。誰かが愛してくれないと私は幸せになれないという刷り込み。自分を犠牲にして誰かの幸せを願うという生き方も、女の役割の中の大きな部分だろう。いつもならこんなジェンダーバイアスばりばりの映画は見ていると腹が立ってくるんだけど、これは見ていてす~と涙が出てしまう。切ないなぁ。

おまけ
映画を見るときはなるべくパンフを買ってくる。この映画のパンフは、アンが10のことを書きだしたノートと同じ大きさになっている。色もショッキングピンクで同じ。ちいさなパンフってちょっとめずらしくかわいい。でも、ここまでやるならパンフの中に罫線だけのページをつくってそこにパンフを買った本人の10のことを書けるようにしたらよかったのに…。

Scroll to Top