ホーム » others

others

クロックムッシュ適当風

誰しも、何度も繰り返し見る同じシチュエーションの夢ってあると思う。自分の場合も二つ三つある。

そのうちのひとつはもう20年以上も前に参加していた子どもたちと親が生の舞台を楽しむという親子のサークル活動の全国版のこと。会員の会費を積み立てて、演劇や音楽の舞台を招へいして観劇するシステム。

夢の中では、いつもその団体を閉じるとしたした年のラストの舞台の取り組みを忘れていて、慌てふためいて会員に呼びかけたり会場の手配をしたり…。舞台まで期日もないのに、動員できる会員が少なくて、それでは演者さんに申し訳ないからと、地域の団体に関係ない人も巻き込んでなんとか会場を埋めようともがいている…ってところが多い。

会員でない人を巻き込むというところで、今現在係わりのある人が出てきたり、パルティホールはコロナだから、300人でいっぱいか?なんていう今どきの設定も微妙に加わっていたりして、夢なのに細部が決まってたりする。

とにかく何とか団体の有終の美となる最後の舞台を盛り上げたいともがくけど、誰もその苦労を理解してくれる人がいなくて一人駆けまわる、って哀しいシチュエーション。

この夢、何が奥にあるんだろうね。何かを行うにあたっての責任の最後のがけっぷちにいる自分を助けてほしいとか?観劇のシステムに対する不満とか?夢の奥に透けて見える自分の心がうっとうしくて、いつもいやになる。疲れてるんだろうね(簡単な結論だなぁ)。

 

寝起きからもりさがる日は、無駄に丁寧な朝食をつくる。クロックムッシュ適当風、おいしい。

あと5年

フォンズは常陸太田市生涯学習センターが新規オープンしたときとほぼ同時に発行が始まった市民による生涯学習情報誌。

 

当時、県立生涯学習センターが唯一県北にはなく、日立市に建設されるのか常陸太田が引っ張るのか、綱引きがあるのではと聞いた。が、常陸太田はあっさりと県立生涯学習センターの綱引きから降り、市立を目指したのだという。あくまでもうわさで聞いた話。
そんなわけで、市立生涯学習センター立ち上げにかかわった市の職員さんは「えり抜き」の人がそろっていた。その顔ぶれをみて、そう感じたものだった。

 

えり抜きの職員さんの中で、私も懇意にさせていただいていた方が「市民による生涯学習情報誌をたちあげたい。」と言って相談に来たのは来るミレニアムに世の中がなんとなくざわめいていたころだった。

 

「市民が創る情報誌といって、形だけ市民を集めて、職員が縁の下で段取りを進めるのではなくて、一から全部作る情報誌にしたい。なので、市民の方はこれと思う人を一本釣りしていきます」と。私も、釣られた人でした。釣られたなんて言い方は申し訳ないですね、その職員さんの心意気に感じたので、喜んで食いついたのが正確でしょう。2000年6月に創刊された情報誌が「フォンズ」です。それから20年もたってしまって、今89号を制作中です。はるばる遠くに来たもんだ~♪と歌いたくもなります。

 

数年前、そのフォンズ瓦解の危機がありました。取材から写真撮影、原稿のレイアウト・取材先の連絡から発行後のお礼と発行紙のお届けまで、「あんたらがやるんでしょう?市の補助金もらって作ってるんだから…」などの職員の発言から、発行に携わっていたメンバーすべてが「もう(フォンズメンバーを)やめよう」と一致したことも。

 

なんだかんだありましたが、今も続いております。続いているのは、20年も楽しんで作ってきたフォンズをきれいな形で終わらせたい一心から。あと5年ほどで100号がみえてきて、その100号を記念して終わりにしたらいいな、と密に策を練っております。

ひそかなたくらみとは別に、新しく入ったメンバーの力によって、紙ベースでの発行であったものにWEBという力強いツールを手にすることになりました。Mさんがメンバーに入ってからのフォンズの垢ぬけた仕上がりは、紙面を見ていた常陸太田市民の方にも伝わっているに違いないです。そのさらに上を行って、今まで発行されたフォンズバックナンバーをすべてWEBにアップし、常陸太田市の生涯学習にかかる情報が検索できるようにしあげたい、Mさんの夢だそうです。

PDFデータでしか残ってなかった全8ページ88号分、8の3並びですが700余ページをテキスト化している最中です。(テキスト化しないと検索に引っかからないからね)

20年のフォンズの歴史の中で、愛着のある連載がいくつかあります。「水の思い出」というタイトルで表紙を飾った市民の方たちのリレーエッセイ。市内在住農家による野菜や畑のあれこれを描いていただいた「農天気」、そしてどうしても情報誌に漫画を入れたいという私の願いをかなえてくれた「踊るママパラダイス」という漫画付き子育てエッセイ。そして一番最後に始まった「太田点描」という連載のクオリティは相当な高レベルと読むたびに思います。

毎晩宿題のように、連載物のテキスト化をする作業は、果てがないですが、楽しんで携わってきた道を振り返るようで、苦ではありません。ポチポチと原稿を見ながら打ち直しをしていると、その原稿をいただいた時に頭はタイムスリップしていきます。そうだった、こんなこともあった、あの時の取材先は剣呑なひとだったなぁ、あの取材は楽しかった、などなど。

そして、出来上がるテキストを見ているとある種の感慨にとらわれます。10年近く続いた連載もあり、原稿を書いて下さった皆さんになにかお返しできないか?100号記念号はかかわってくださった方たちへのお礼を込めて作りたいし、形になる何かを皆さんにお返ししたい。

今日も、ポチポチテキスト化の宿題、5年後のそのお礼はどうしようかの楽しみを思いながら。
(写真は連載の漫画の中で好きなもののいくつか♡)

常陸太田の人情はみょうがの味

6月24日のフェイスブックにこんな記事を書いた。
(リンクはアカウントある人した見られません)

*****以下転載

夏の好物でなかなか作れないのがミョウガの甘酢つけ。あっという間にぽりぽり食べちゃうので、買ってまで作れない^_^;

誰か庭に捨てるほどはえてくるひと、とってわけてくれないかと、人知れず毎年願ってる。

わけてくれたら仕上がり品をお返しするのになぁ。

聞くと、ミョウガの生えてる場所つて、なめ○じとか、蛇とかいるシケったところなんだって?だから農家でもあんまり作らないって、ほんと?

*****
何気なく投稿してるんだけど、読んで気にかけてくれている人って案外多いんだな。何がって、今年の夏はみょうがをいただんですよ、ほんと立て続けにお届けいただいたのでびっくり。

おばちゃんの与太話を覚えてくれていて、しかも季節がきたら手間を惜しまずあのやぶ蚊の多いがさ藪をかきわけてみょうがを取ってくれるという方に、私ぁ囲まれて生きているんだと、しみじみしちゃった。

ありがたくこうして甘酢漬けにしていただいております。
皆様、本当にありがとうございました。
思えば思うほど、ありがたくて涙出ちゃうよぉ‥‥。

iMacがくる~ぅ

 

MacBookProのストレージが結構いっぱいになってきたんだけど、新しい機種を買おうか、いっそのことiMac買おうか…悩みに悩んで、iMac注文したら、1週間もしないうちに、iMac新しいの出ました!ってAppleのニュース。そんなあほな‥でも、しょうがないなぁと思っていたら、詳しい友人が「マックは手元に届いてから1-2週間以内なら返却できるはずだから、届いたら返送した方がいい」とアドバイス。

 

そんな会話をしたその晩に、こんなメールがきました。(冒頭の写真)なんか、Appleって不思議な会社ねぇ。

三題噺~キュウリとアートとフォンズ

まずは前段。

常陸太田市生涯学習センター発行のフォンズという情報誌の手伝いをしてかれこれ20年余。回覧板で市報等と一緒に配布されてくるだけだったが、WEBを整備できることになり、バックナンバーがすべてネット上で見られるようになった。

生涯学習センター発行 フォンズ 

WEBでは画像データとしてアップされていて、そのままでは検索に引っかからないため、現在はページを鋭意テキスト化の真っ最中。

8ページ×88号発行済みなので、総ページ数704ページ!いや、途方もないデータアップしないとなぁ…。パソコンの時代だったので、作った原稿は残っているのもだいぶあり、ストック分をやっと全部WEB担当の方にお渡しした(今ここ)。

原稿は、校正されて紙面になるので、その校正をネット上のBNを見ながら修正して上書きして、というなかなか面倒な作業ではある。が、長年楽しんで作ってきたフォンズなので思い入れもあり、作業自体はさほど苦にはならない。

校正しつつなので、必然的に文章をそのまま読む、でキュウリ!

里美にいらっしゃる「木の里農園」の布施美木さんに、「百姓母ちゃんの農天気」というコラムを連載していただいていた。こちらのBNの7ページ目にキュウリについて書いてくださっている。↓

46号 農天気⑭「ありがとう!キュウリ君」

「夏といえばキュウリ。これがもううんざりするくらい採れるので(中略)キュウリやトマト・ナスといった果菜類は、根・茎・葉を伸ばす栄養生長と実をつける生殖成長を同時にする植物だそうだ。人間でいえば、体がどんど大きくなりながら、子どももどんどん産んでしまう!?」

そうそう!キュウリが食べきれない程もらえるのだ(田舎暮らしあるある)。うっかりすると10本なんてすぐに冷蔵庫にたまってします。ぬか漬けなんかでは食べきれない…お上品に千切りにしてそうめんのトッピングに、なんて言ってたら1本しか消化しきれないの(苦笑)

話変わってある年の夏、越後妻有のトリエンナーレに友人と1泊2日で鑑賞旅行に出かけた。アート作品については横において、その時のお土産のベストが「キュウリのクローブ漬け」。名前は私が勝手につけたもの。名のない田舎の漬け物に敬意を表してなづけました、クローブ漬け。

クローブ座についてはこちら
地域アートについては、いろいろ?なものもあるけど、越後妻有トリエンナーレはさすがに先頭を切っているだけあって、コンセプト・作品・地域との連携など素晴らしいものが多い。そのクローブ座を見学に行って、地域の歴史寸劇をおばちゃんたちの地域の料理とともに見て食べた。その中にあったのがきゅりの漬け物。キュウリのキューちゃんとはまた違った味でピリ辛で美味しかった。

おばちゃんのひとりに、どうやって作るかを聞いたら、田舎料理あるあるダイナミックな漬け物だった。

***キュウリのクローブ漬けレシピ*****

キュウリ 2㎏(約20本!取り忘れてぶっとくなったのでもOK)

青じそ  好きなだけ(多いほど美味しい)積み上げて高さ8センチくらい
唐辛子  お好み
しょうゆ 3カップ

みりん  1カップ

酢    1カップ

砂糖   100g~400g(お好み)

・キュウリは大きめの乱切り、シソは5㎜くらいに細く切って大きな鍋に入れて混ぜておく。
・他の材料を別の鍋に入れてぐらぐらに沸騰させて、キュウリの上からざっとかける。
・冷めるまでそのまま置く。
・冷めたら、キュウリとシソを取り出し、漬け汁を再度沸騰させて、キュウリの上からかけて、冷めるまで置いておく。
・この作業をもう一回繰り返すと出来上がり。1週間くらいは冷蔵庫で保存できる。
・夕ご飯のあと、作り始め、翌朝もう一回、その夕方もう一回とやると手順がいい。
*******

シソの量が半端じゃないよ。

私「シソの量はどれくらい使うんですか?」

おばちゃん「これくらい」といって手の親指と人差し指で高さ(!)を示してくれた。グラムとか枚数じゃない、高さ!

農家の庭には必ず、赤しそと青シソが植えてある(っていうかいつの間にか生えてくるんだろうけど)、スーパーで10枚きれいにパック詰めになった温室育ちのシソじゃない、陽にかんかんにあたって、虫食いにも負けず育ったごわごわのしそっぱが目に浮かびました。

トリエンナーレ鑑賞旅行から帰宅してしばし、「こいこい、キュウリ」と思っているとおばあちゃんちからでっかいキュウリや曲がったキュウリなど来ましたねぇ。早速つくりました。

 

アートの思い出がこんなのって、昨日聞いたばっかりの「限界藝術」か?

キュウリとアートとフォンズの三題噺でした。

市内回遊パンフ配りの巻

以下の事業所他(敬称略)を、山新と100均で買い物したものを梅津に届けながら、一筆書きルートで回れるか?

教育委員会
市役所
山新
100均
養徳園
梅津会館
観光物産協会
道の駅
図書館
パルティホール
生涯学習センター
金茶猫
ひたちの中央クリニック
久保田クリニック
菜の花クリニック
渡辺医院
ひたち太田家庭医療診療所
ガトーデイジー

 

いけましたね(^^♪ あんまり難しくはないね、常陸太田在住30数年!

 

気になるTV③

気になるTV③ TV笑っていいとも~彼氏が彼女に着替えたら

お昼の情報番組、笑っていいともの中で面白いコーナーをやっている。付き合っている二人、カップルの男の子に女の子の服を着せて登場させ、どれだけかわいいかで賞金が出るというもの。その曜日のレギュラーメンバーが1~5の札を上げてかわいらしさを評価し、得点×1000円をゲットできる。

 

彼女の服を着た彼氏が額縁状のセット(始めはカーテンが下がっている)の中のいすに座って登場する。しっかりとメイクされ、鬘もかぶり、ポーズを指定されている男の子。その男の子をタモリが毎回、スカートの中をのぞくようなしぐさでからかう。決まったようにスカートのすそを押さえて「恥らう」男の子。これを見て、う~ん、思った。男の子はどうして恥らうのか?

 

スカートと言うものをはいてみるとわかるのだけど、あんなに安心できない洋服はない!風が吹けばパンツ丸見えになるし、危なっかしいことこの上ない。タイトスカートなんぞは、何かをまたごうとしても、足が開かない。どぶをまたごうとして、足がどぶの巾まで開ききらず、危うく踏み外しそうになった経験がある。たまにスカートをはくと、動作が服装についていかないのだ。下から覗かれる危険だってある。(誰も見ない、って突っ込みは無し)電車に乗ったときにひざを緩めないように気を使うけど、Gパンはいたときは、そんなことまったくそぶりもしない。

 

スカートを(多分、だろうなぁ)生まれて初めてはいた男の子は、覗かれる危険から身を守る、スカートのすそを押さえることなんか、動作として身につけてるはずないじゃないか?どうして、そんなにスムーズにスカートを押さえるの、君たち?

 

男らしいしぐさ、女らしいしぐさというものは、そのしぐさに該当する性別のみが刷り込まれるのではない。女の子が「キャー」とか言ってスカートを押さえるという場面を(恥らうようなしぐさをしながら、そのしぐさの影響力を計算している女の子もいるんだなぁ。ジェンダーって使いようかも)目にしたこと、誰にでもあるだろう。そのしぐさが「女」の付属品ということは、それを目にした男の子、女の子両方に焼き付けられるのである。すべての「らしさ」は男女ともに共通の概念として埋め込まれるのである。

 

女の子に扮装した彼氏は、女の子という概念も服装とともに身につける。そして、女の子らしく振舞うことを、会場で見ているお客・出演者に無言のうちに要求されていることを感じ、「恥らう」のだろう。タモリが恥らう男の子をみて、「何で恥ずかしがるんだろう?」と笑う。彼が言いたいのは「中身は男のままなんだから」というものだろうが、彼氏は役割に忠実に「女の子らしさを演じて」いるんだよ。

 

それとも、服装にはそういう中身を変える力があるのだろうか?確かに、服装は行動を制限する。着物を着れば、それなりにおしとやかになる。(書きながら、今は違ってきてるなぁって、思うけど)タイトスカートをはけば、ドブに限らず何かをまたぐなんていう「はしたない」ことはしなくなるだろう。でもそれって習慣になると、であって、瞬間的に行動が変わるというほど大きな力を持つものではない。大きな力を持たないからこそ、気づかないうちにじわりじわりと行動及び思考を制限する力として今まで使われてきたのではなかったか?

 

 

cafe+1をふりかえってみた

物置、家庭内と断捨離がすすみ、最近はデジタル断捨離に時間を少しずつとっている。

 

たまりにたまったデジタルファイル、その時々で保存しているからあっちこっちにばらばらだったり。探しあぐねて同じようなものをいくつも作ったり…。

 

cafeの画像もあっちこっちにいろいろあったのをやっと整理できた。写真を見ていると、10年以上たつからいろいろ変わってきたんだなぁと改めて思う。で、スライドショーを作ってみた。

 

あんまりあちこち整理すると…自分まもなく死ぬ予感でもあるのかと(苦笑)。一応世にはばかるくらいは寿命あるといいな。

気になるTV②

気になるTV② CM三菱モータース

穏やかそうなおじいさん…というにはちょっと早い、退職して10年くらいのおじいさんが小脇にセカンドバックを抱え道を歩いている。しっかりとした足並み、行進のような歩き方。あの年代だと、戦時中を過ごしていることを歩き方から想像させるような歩き方。後ろから、いかにも今風のフリーターっぽい若者に追い越される。ヘッドフォンで何かを聞きながら歩いているその若者のいでたちは、ピアスをして、本人だけがそう思っていない無精ひげ、あごを突き出し腰を落とした歩き方がおじいさんと対照的。

 

追い越されたおじいさんがむっとして、早足になり、その若者を追い越し返す。にんまり笑うおじいさんと、追い越されてはっと&むっとする若者。歩道橋で2段3段飛ばしに登る若者に再度追い越されたおじいさんは、曲がり角で道なりに行く若者を、コーナーをショートカットして再度追い越す…。そこで音楽と「負けず嫌いな人たちへ」とキャッチコピーが入る。

 

三菱モータースのCMで、ある特定の車種のCMではない。負けず嫌いな人たち、ではなく、負けることが許されない人たち、今も男性に「負けるな」という言葉は魔法のようにすりこまれているんだ、と改めて気づかされる。このCMのラストは…。競争のように競って歩いている二人、はっと気づくと颯爽と歩くスーツ姿の美しい女性に追い越されている。靴音から多分ヒールの高めの靴を履いてるだろうこと、ジャラジャラと音がすることから、アクセサリーなどをたくさん身につけているだろうということが匂わされる。追い越され一瞬唖然とする二人の男性、我に帰ってその女性を追い越そうとし、一方女性はそんな二人にまったく気づかない、というころでCMは終わる。この場面は何を伝えているのだろうか?この後に続くシーンを想像してみよう。追い越された女性も、むっとしてその競争に加わるのか、そんな価値観は無縁よと嫣然と微笑みながら歩いているのか?

 

これまでの男女共同参画の道のりは、このCMの続きのシーンのようだ。男性と平等を求め、男性社会の価値観の中へ新規参入を狙っていた今までのフェミニズムは前者のタイプ。どうやら、それは違っていたようだと思い始めているのが今のフェミニズムの先端なのではないか?つよい、はやい、おおきいことに価値を見出す社会に加わるのではなく、よわい、SLOW(!)、ちいさい、ことの価値を認める社会へ、と。「勝つ」という未来の実現のために、「現在」を手段化するのをやめて、「今を生きる」ことを大切にしようと。あの女性は「歩くこと」を楽しんでいるのであってほしい、と思う。そして、男性たちも歩く楽しみに気づいてほしい、そういうゆとりのある環境を男性たちに、と思う。

 

「負けるが勝ち」って!?

 

 

気になるTV①(2003年ごろ)

昔のホームページ整理編、そろそろ最終コーナー。

常陸太田市の男女協働参画委員をやっていたころ、TVから流れるCMの中のメタメッセージを取り上げてフォーラムをしたことがあった。その流れで、当時CMを面白がって見ていた記録。

 

*****

小堺一機のキャラクターイメージ

洗剤のCM(1989年~1997年) 小堺のキャラクターイメージはどのようなものだろう?「妻の尻にしかれている気弱な夫」ではないだろうか?CMの中でもそのような演技が含まれていた。(洗濯が終わったら、追加で洗濯物を渡される)男性も家事に協力する必要性を認めながらも「すすんで」「喜んで」「当然に」するものではなかったのである。このような環境の中、家事をする男性の増加は期待できない。

 

洗濯するイケメンの登場

~玉山鉄二       朝日新聞2003年7月5日(土)~クリーンヒット

1.1kg入りで店頭価格は300円前後。花王「アタック」、ライオン「部屋干しトップ」など350円前後のシェア上位品より割安感があること、「母と子」が定番だった洗剤CMに屈強風の男性ばかり登場させたこと、も人気に結びついている。柔軟剤成分をパウダー状の微粒子にしたことで、界面活性剤を使う通常の柔軟剤が衣類の吸水性を悪化させる難点を克服した。「ボールド(bold)」は英語で「大胆な」の意味。

 

CMの状況設定は?

初めて男性のみが登場する洗剤のCMの細部を検証してみる。状況設定は北海道を思わせる大規模な酪農家で働く男たち、その中の「洗濯当番」が玉山である。当初「柔軟剤」という言葉を使わず「やわらかくするの、つかってるだろう」と表現。白く洗いあがったやわらかい洗濯物にほお擦りする男たちのほほえまく屈託のない笑顔がバックの青空のようにすがすがしさを表現している。イケメンの洗濯する男の登場は家事に対するイメージの変化、あるいは家事をすすんでする男性の増加のあらわれだろうか?(柔軟剤というモノを知っている男)

 

CMは「あったら便利/これはいい」を訴え購買に結びつけるため、状況設定にリアルさを感じさせないと、嘘っぽくなり商品の訴求効果も薄れる。例えばこのCMがホワイトカラーのサラリーマンが洗濯するところを想像してみよう。このCMの続編はラガーたちらしい、残念ながらサラリーマンが登場する可能性は薄いと思われる。

気になるTV ①CMボールズ後日談

柔軟材入り洗剤ボールズのCM、洗剤を使う状況設定が面白くなってきている。

 

①大規模農業従事者/②ラグビー部員/③サーカス団員/④保育園の保父さん

 

①~③まで、いずれのCMも男だけの職場・状況設定で違和感を感じさせないものであったが、今回はついに保父さんの登場である。毎回登場する男たちのうち、ボールズで洗濯をしてない男たちはマッチョ風の男性陣をそろえ、洗濯当番で柔軟材入りの当製品を使うのが玉山鉄二であるのは共通。そこから透けて見える意図は、ボールズを「知っているVS知らない」でおじさん年代の男と若い男の対比を表そうとするもの。いつも古い男側から「やわらかくするの使ってるのか」「柔軟材使ったのか」と聞かれ、玉山が「いいえ、洗剤だけです」と答える。古いとイメージつけられている男たちも、最初は「洗濯物やわらかくするの、使ったのか?」「柔軟材(普通名詞をつかってるぞ)使ったのか?」など、柔軟材や洗濯の時につかう、洗濯物が柔らかくするものがあるということは、知っている。しかも、ついに保父編では、今まで玉山に柔軟材を使ったのかと聞いていた側の男性が、洗濯をしようとして柔軟材を探してるという状況に変わっている。(CMってほんとに細部まで気をつけて作ってあって、このCMシリーズは当初から、玉山を洗濯係ではなく「洗濯当番」と呼んでいる。役割の均等性に配慮十分)洗濯をしたことがある男たち、それが違和感ない状況をCMは設定している。今回の保父は、状況として違和感がないとは言い切れないが、それゆえにこういうことも(保育園の養育者に男性が増える)将来あってもいいよね、という主張としてみてもいいのかも。保父編のラストは、お昼寝をしている子どもたちにやわらかいタオルをかけ、トントンと背中をたたいたりしながら添い寝をしている玉山ら保父たちの映像で終わる。このCM、なかなかやるよ。何が?家事育児は大変なんではなく、大切で楽しいものなんだってのが、その映像から伝わってくるのだ。

 

昨年行ったセミナーでこのCMの話をさせていただいたとき、主婦が最も好きな家事は洗濯だという指摘を受講生からされた。確かに洗いあがった洗濯物が青空にそよぐ風景は家事の中でもここちよい瞬間である。そういえば、やりたくない家事の上位にランクされる「お風呂洗い」を夫がやってるCMって、多いなぁ…。家事の分担ってやりたくないことの押し付け合いではなく、家事の重要性を楽しさのほうから感じてもらったほうがいいんじゃないだろうか。家事は世間一般の評価は得にくいかもしれないが、重要な「仕事」で、能力もかなり要求され、またやりがいもあるものである。仕事を持ちながら家事も女性が担うことは、仕事を二つ抱えることであって負担は大きい。ゆえに現代の女性たちは家事の喜びを感じることもできにくいまま、家事分担の掛け声が大きくなってきたのではないか。

 

家事とくくられる衣食住は人が生きていくことに直接必要なことであり、また育児や介護は、人とのかかわり方、親密な人間関係を結ぶ方法とその親密な相手を思いやることを学ぶ場でもある。女性の社会進出のために、あるいは性役割分担の解消として、家事労働の分担を訴えるのは方向が違うのではないか?生きることの総和としての家事の喜びや、育児介護で人との関わり方を知る必要性を訴えるというのが、男女共同参画や家事分担を訴える本筋なんではないのだろうか?

 

このCMの受け手の側、玉山がTVに出たとき、視線を吸い寄せられる層として、戦隊ものの子ども番組をみていた主婦層(かなり若め)が、画面のこちら側にいることが想像でき、CMは変わりつつある男像を描いてもいるが、依然と変わらず洗濯を担当する女性像が仄見える。しかし、このように楽しそうに洗濯をし、子どもたちを寝かしつけるCMを無意識のうちに見聞きすることで、ある種のメッセージが見ているものの中に埋め込まれる。CM製作者が意図したかどうかは不明だが、こういうCMを見ながら育つ、現在の男の子たち(10代)は、家事への抵抗が少なく、また家事育児をする男=もてるという刷り込みもされていくのだろうか?

 

 

 

Scroll to Top