台山


世矢地区のハイキングコースが整備され、フォンズの特集取材のためメンバー有志で勉強会歩き。安島先生にご案内をいただく贅沢なハイキングです。梅雨の時期ということで今日と来週のどちらかに行けたらと思っていたけど、ラッキーな今日だけ曇りの天気。暑くもなく山歩きには最高でした。

見晴らしがいいという台山を目指すコース、反対側の里周辺は以前取り上げ済。山を背にした集落は陽当たりもよく住みやすそうな地域の印象が強かった。今回の震災でも地盤がいいのかあまり大きな被害はなかったそうで屋根やぐしが落ちたブルーシートの家を見かけることも少ない。

金山があったという跡や高速の日立トンネル入り口を間近で見られる場所などを巡りながら楽ちんコースを歩いて行きます。楽なコースとはいえ、のぼりは周りに目を向けるゆとりが余りありませんが、山道に入るとそこここの植物に目が向きます。また、植生も代わるのであちこち止まっては写真&メモ・・・そして味見

山の実は色とりどりで爽やかな甘みです

0519-4

0519-3

0519-2

歩いて行く先が見開けてくる開放感は何回山に登っても何ともいいものです。
0519-6

事前にいただいた資料に寄れば、直線で考えると富士山が見えてもいいのですが、地球の丸みを考えると筑波山などで富士は見えないと・・・。でもそんなことは関係なくとても素晴らしい見晴らし。阿字ヶ浦や勝田の工場のエレベーター検査棟・県庁もはっきり解ります。もやっていなければ、海浜公園の観覧車とかも見えるそうで、スカイツリーのライトアップを見るナイトハイクなんか企画するといいかもなんていいながら帰ってきました。

考えたら去年の秋からこういう機会はお久しぶりで、地震だとか気がかりなことばかりだった数ヶ月をすっかり忘れさせるような山頂のすがすがしさ満喫の一日。疲れて午後はお昼寝なり。


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です