元朝参り


フォンズの取材で久しぶりに太田・鯨ヶ丘の元朝参りを写真撮影に行って来た。天気予報では雪とか大荒れのようだったので体中にホッカイロを貼り付けての出発だったけど、風が全くなくて暖かいと感じるくらい。

IMG_4078-1

カフェの前でMさんと待ち合わせだったので、流れで東町から撮影開始,最初は塩横町。このために新調した三脚にデジタル一眼をくくりつけヤッコラ担いで歩く。通りの入り口にはまだイルミネーションが輝いているが、やはり白熱灯やら火の明かりのほうが幻想的に美しい。おなじみの時計屋さんと立ち話もそこそこに次へと向かう。

IMG_4095-4

二丁目では蕎麦のお振る舞いまであって、頂きたかったけど急ぐので失礼。昼間の景色とは打って変わって、異界への入り口を示すような提灯の明かりが各町内のお社の目印。二丁目の板谷稲荷の入り口も、三丁目の入り口もとっても好きな景色だったんだけど、昨年末三丁目の鍋屋さんの向こう側3件が取り壊されてしまった。家々の間を「ごめんください」と入り込む感じがなんともよかったのが、入り口も何も壁が丸見えで趣も何もあったものでは無い。

取り壊される前に写真を撮っておけばよかったとKさんが言っていたが、全く同感。残念無念の一枚が↓
IMG_4099-5

途中スタジオボンズでは今年で3回目?夜中の餅つきが真っ最中。みなさんの元気に頭が下がります、ごくろうさま
IMG_4085-2

木崎1・2丁目を回って西町へ。西町は通りに面しているお社が少なく雰囲気もイマイチ。ただ、新聞屋さんは元旦の配達の準備で大忙しの様子。「小さな旅」風でいい写真が撮れました。

IMG_4133-3

戻ってやっと若宮八幡様、でも元朝参りのラッシュアワーでごった返している。階段を上って屋台が並んだ景色は見えるが、行列がここまでつながっていて全く先に進まない。しょうがないので中城、栄町のお社方面に向かい、戻って金比羅さんで目出度く一週巡りました。

ポケットは頂いたミカンやお札でぱんぱんにふくれ、あちこちで交わされる懐かしい人たちとの新年の挨拶で心も温まっていた。出かけるまでは「しょうもない取材の約束しちゃったなぁ」とおっくうだったけど、やっぱり出かけてよかった。太田の新し年はこうして明けるのが一番だと再確認。

お社である世話人の人たちと交わす何気ない挨拶、暗い通りの先に見える救いのような暖かい灯り、うまく言葉に表せないけど、なんだか胸が熱くなるのはなぜなんだろう。来年も、きっと行こうっと。

そうそう、取材解散後、自分の地元馬場八幡宮にお参りしました。最後の最後らしい甘酒を頂いたら「焦げちゃって」と言うことで見た目がアズキ入り甘酒みたいな色でした、ご愛敬。
IMG_4168-6

(さらに…)

イルミネーション~その3


IMG_4059-2

商店会でイルミネーションを飾るというので、カフェもちょっとライトアップを派手にしてみた。LED1~2本では寂しい感じでなんとも、なんだけど。

取りあえずせっかく飾ったのでカメラの練習をかねてあちこちのを撮してきました。うまくとれたかなぁ。

IMG_4072-4

IMG_4067-3

これは練習でライトが多く見える様にぼかして撮したもの、ぼけすぎだぁ。

IMG_4018-2

(さらに…)

カフェ手帖その後


数日前、「なんだか申し訳無いような気分がするのはなぜ?」と書いた。同じことを友人につぶやいたら、「そんなことない」と口をそろえてエールを送られた。なんだかとっても嬉しい.吹っ切れた気がする。これからも楽しみながらがんばろう。
(さらに…)

カールじいさん


jisan

久しぶりに時間を作って映画館へ。お目当ては「キサラギ」の監督の新作「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」と「カールじいさんの空飛ぶ家」。内原ジャスコの映画館で連チャンでみる。

まずは「カールじいさん」、最初の10数分の回想シーンをみただけで、もう十分いい映画って思えちゃう。途中のストーリーはどうでもいい(よくないと言う意味ではなく)。満足してストーリーを追っているだけという感じで物語は順調に進む。

あったかぁい気持ちで見終えたら、エンドロールがまた見応え十分。じいさんと男の子のその後がアルバム風にすすみ、監督やら音楽やらのスタッフの名前がその写真の隣に出るんだけど、スタッフの仕事とカールじいさんのスナップ写真が絶妙にリンクしてるんだな。

途中「あれ?もしかして」と思って目をこらしてみてたんだけど、実にうまい!!こういう細かなおまけ気分って言うか、宝探し感覚っていうか。すっごく得しちゃって満足しちゃってシートを立つ。

でも、焦って次へ。2つの映画の上映時間は、終わりと始まりが10分くらいかぶっているんだけど、映画だけの時間=上映時間ではなく、当然予告編があるわけで、大丈夫と踏んで連チャンにしたんだけど、ばっちりOKでスムーズに「ブラック会社」になる。

こちらはイマイチかも。というか「キサラギ」がおもしろすぎたんだな。ガンダムのファンなんかが見ると受けるところとか、セットの作り込み方とか、細かく見ればおもしろい所が満載なんだろうけど、でもなぁ。

キサラギは状況が密室劇風になってた所から既に観客が、キャラの立ち方なんかを「許してみちゃう」雰囲気をつくっていたんだろうけど、これは普通にドラマだから、あまりのキャラの露骨さが「ありえなぁい」感覚を呼び込んでしまう気がする。次回作に期待…しないかもよ。

「カールじいさん」のひねくれ方を見ていてクリント・イーストウッド監督の「グラン・トリノ」を思い出した。カールじいさんもクリント・イーストウッド演じるコワルスキーも、昔懐かしいアメリカ男、つまりアメリカの象徴のよう。どちらも世の中の流れについて行けなくなっていて、厄介者扱い。

ひねくれ頑固になってしまったじいさんが若い男の子の成長に力を貸すというストーリーも重なるところが多い。描かれているのはアメリカの課題そのものなのかもしれない。

あの時代はよかった、って思う今の閉塞感がこんな映画を作らせるのかなぁ。「三丁目の夕日」がはやって昭和礼賛ブームになった日本も同じステージにいるのかもしれない。ただ、昭和はよかったで大団円を迎えがちな日本に比べ、「グラン・トリノ」は荒廃と混乱の時代の解決案をメッセージとして描いてはいる(それがいいか悪いかは別として,それしかないのか、それでいいのかも別として)。

同じようにカールじいさんも年老いた大人の果たすべき役割として、自分の新しい人生をスタートさせ新しいアルバムを増やしている。気になったのは、少年を助ける大人がどちらも家族ではないところ。見知らぬ大人と少年の友情、人生の先輩と後輩の交流、背景にあるのは家族の崩壊か?なんてのは短絡的かも。

人が生きてきて、その生き方から伝えたいメッセージは、家庭内で家族に伝わるのではなく、近しい他人に伝わっていくんだ、というのは前から自分も思っていて口にしていたこと。「桂馬」で伝わるって人には言っていたんだけど。

家に帰ってから、カールじいさんのサイトをのぞいて見たら、宮崎駿が「追憶のシーンだけで満足した」なんてコメントを寄せていた。やっぱりねぇ。ポニョなんかより、こっちの方がずっとよいぞよ、監督。いつまでたっても女の子の自己実現物語じゃぁ、煮詰まっちゃってるのがばれますよ。
(さらに…)

ゆたりなカフェ手帖


IMG_4155-1

1年くらい前に取材にきて、後々冊子として発行する予定と言われいていたカフェの本「いばらき ゆたりなカフェ手帖」、できあがって書店に並んでいました。秋くらいに校正の依頼が来ていて、11月末頃発行とは聞いていたが、書店で見て改めてびっくり。

ひょんなことから始まってしまったカフェなのに、こんな風に紹介してもらえるなんて、なんだか申し訳無いような気分がするのはなぜ?

ページをめくると自分が行っているカフェがたくさん紹介されていて、やっぱりそこに並ぶってのはなんか申し訳無い…でも取り上げていただけて嬉しいことはとても嬉しい。う~ん複雑。
(さらに…)

twitter


134_normal

夕ご飯の時に見ていたBSでtwitterのことをやっていた。夫が「この辺でやってるとこあるのかな?」と言うので「私やってますけど」。とはいうものの、いまいちよくわからないので、話の流れでいろいろやっていたら、広瀬香美のtwitterで使い方講座みたいなことが始まっていたところにちょうど行き当たった。

香美さんに「フォローミー」とつぶやきを送ると、あれまぁ広瀬香美さんがこっちをフォローしてくれたんですね、びっくり。時々こういうボランティア的twitter講座をやってるようです。

驚いたのはそのスピード。ブログなんて目じゃない。怒濤のようなツイートが…。あっという間に1~2時間過ぎてしまいそう。おもしろそうですが、時間がいくらあっても足りなくなりそうです。
(さらに…)

キャンドルスタンド


IMG_4107-1

里美の特養施設からクリスマス会でハンドベルの演奏をとの話をいただき、会場の様子を下見に里美に出かけた。会場はよその施設よりゆったりとした作りで、演奏の打ち合わせも順調にすみ予定より早めに帰れることになった。

その施設は徳田、徳田には鵜沢さんの工房がある。しばらくご無沙汰していたしなかなか徳田まで出てこないので帰りに寄ってみようと言うことになり同乗のYちゃんと行って見たら、ラッキーご夫婦そろってご在宅!

炉の前で作業の真っ最中だったのが申し訳無かったけど、快く最近の作品など見せてくださった。その中からいただいて来たのがこのキャンドルスタンド。台の部分に残った気泡が美しい。

もう一ついただいて来たのはおひな様、こちらは来年UPしよぉっと。
(さらに…)

みやもと屋さん


IMG_4104-1

八幡様の近くにラーメン屋さんができたって噂、というかマスターご本人がショップカードを置かせてくださいと挨拶にいらっしゃった。早速行こうって約束はしてたんだけど、忙しくって。

今日やっとGさんと二人で行ってきました。黒く塗られた店前に赤の暖簾がかかっています。駐車場も道路はさんで真ん前に4台分。がらっと引き戸を開けて入ってみたら…市役所の顔なじみさんが3人でお昼を召し上がったばかり!どうもっ

オープンしたばかりと言うことでメニューは5点、塩・醤油とコラーゲンたっぷり鶏の白湯スープの塩・醤油、それとつけ麺。いただいたのはコラーゲン補給しなくてはならないのでそちらの醤油。お魚系のだしがきいてる感じのとろっとしたスープに、きれいな細麺。

いただいた後、しばらく話をしてきました。元々は水戸で居酒屋さんをしていたとか。常澄の方から通っているって!改装も自分でやったそうで、将来は2階を直して住めるように…、などと考えているそうです。太田に新しく店舗出そうなんて元気のある若者が来るんですから、応援しなくっちゃなりませぬ

営業時間 11:30~14:00
     17:30~21:00
定休日  日曜日

cafeの前のカードボックスにみやもと屋さんのショップカードが入っていて、今なら100円引きのクーポンがついてますよぉ。

(さらに…)

つたの会


1999年にハーモニーフライトに行った仲間の同期会「つたの会」久しぶりの集まりがあって水戸形成ホテルに集合。10年経ったのを機に今までの会合の持ち方を変えていきましょうね、って話し合いとお食事会。流れで一気に来春の会合を常陸太田でってことまで決まってしまいました。懐かしい面々です。

IMG_4061-1

お食事は…、今更ながら太田のオーベルジーヌの料理っておいしいんだぁと思わされましたみんなに会えたのが楽しかったからいいけどさ。
IMG_4059-1

IMG_4060-2

(さらに…)

お茶の水うろうろ


お茶の水に美すず堂という製本工房・ギャラリーがある。若い頃蔵書票や製本にあこがれがあったんだけど、そのワークショップをやっている工房ということでちょくちょくサイトを見ていた。

ここでは、製本等のワークショップもやっていて、見るたびに「いいなぁ」と思っていたんだけど、思い立ってそのワークショップに申し込んでみた。取りあえず初級扱いのワークショップを、と思い蔵書票つくりのワークショップ。お茶の水にあるという工房に午後1時集合、だいぶ早く着いてしまったのでその辺をうろうろしてみる。湯島聖堂が駅前にあり、その近くが工房と目鼻を付けて、他をうろうろすると「神田明神→」という看板を発見。

IMG_4065-1

せっかくだからお参りしてと思ったら、中では結婚式を執り行っている最中でした。
IMG_4069-2

さて、元に戻って湯島聖堂にはいると、「なぁんだか、妙に中国っぽい作り…」、それもそのはず孔子を祀ったところなんでした。さっき見た神田明神と違って歩いている人に観光地っぽくもない人が多くて不思議な雰囲気が漂っているなぁと思って見ていると、ここでは論語の講座なんかも開かれていて、やたらおじいさんが多いってのも納得。

IMG_4091-3

で、肝心の蔵書票つくり、こんなのができました。消しゴムはんこね。IMG_4102-4

(さらに…)

.