ホーム » books » 村上春樹短編はさようなら

村上春樹短編はさようなら

この本を最初に知ったのはアマゾンの予約本として。

本屋さんで、平積みされていたのをみたら、不思議に思っただろうな。どうしてこんな表紙?

安西水丸さんじゃないもんなぁ、もう。

微妙な違和感を持ちつつ、予約して届いて読んで…。

 

おもしろい短編もいくつもありました。でも書下ろしのは…判断する者じゃないとは思うけど、短編集はもう買うのをやめよう、と思った。読み終えても本棚には戻さず、ブックオフ行に用意してある段ボール箱の一番上にそっと置く。

 

なんか、さみしいね。深み読みもできるんだろうし、忘れられない村上短編もある。でも、よく考えたらその短編も「好き」で、忘れられないのではなかったなぁ。なんだろうこの不思議な読後感。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top