大掃除


0202cafe

ゴミの片付けが終わったので、やっと改装工事に入れる。と同時に私たちはそうじをしないと!知り合い友達に声を掛けまくって、主婦のパワーを借り大掃除のお手伝いを頼むことにした。

早速ひたちのフライト仲間が「空いてる時間で良ければ手伝うよ」と言ってくれたりお願いメールの返信も届き始めた。冬の一番寒い時期、2/16~17の土日、この店で大掃除まつりをやることになった。

ありがたくて泣けてくる。

ここにかかわって泣けてきたのは2度目。最初は残された荷物の片付けを始めて数日後。ものを大事にした昔の人の家なので使わないものであふれかえっていた。もの・荷物というと聞こえがいいが、要はゴミ。そして、その奥から出てきたのは大量のごみ袋。市指定の袋が何十枚も!体の自由が利かなくなってきたお年寄りが、それでも何とか片付けたいと思ったからなのか…。

埋もれてしまうのではないかとおもうほどのごみに囲まれ、おじいさんはどんな気持ちで暮らしていたんだろう。自分は年老いたら子供に迷惑をかけないように子供とは別居して夫婦で暮らそうとか思っていたけど、年老いるということはこういう現実があるんだとこの家が教えてくれた気がした。

65歳から前期高齢者といわれる。そのころには自分の周りを片づけ、身の丈に合った暮らしをしよう。不要なものは持たずに身ぎれいにしておこう。自分の親への態度も考えさせられた。親・義理の親・世の中のお年寄りに、今回のことでもっと優しくしなくちゃって…。ゴミ片付けからの帰り道、Yちゃんの車の中でいろんな思いが出てきて大泣き、Yちゃんはその日から金縛り数日おこったそうな。ショックだったんだよなぁ、みんな。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です