ホーム » craft » 金継ぎ

金継ぎ

だいぶ前笠間の陶芸家の奥さんが金継ぎ体験教室を開いてくれて、行こうと思っていたんだけど日程が合わずいけなかった。お気に入りの陶磁器が割れてしまっても、雰囲気ある残し方のできる金継ぎいつかはやって見たいと思っていた。

本物の漆のキットもあるんだけど、下手にやるとかぶれるってかいてあるので長い休みでもないとトライできないなぁと、一歩が踏み出せないでいた。

たまたま、所ジョージの番組で割れた蕎麦チョコをエポキシパテで継ぎ、「食洗機で洗っても大丈夫」なんて言ってたのをみて、一念発起で始めました。

所さんが言っていたエポキシパテがこれ。IMG_3239-1

ネットでいろいろ調べてみたら、漆・金泥でコーティングしたりしてるのでエポキシ系でも問題ないと言うページがあったり、所さんが食洗機に使うって言うからにはお茶なんかに使ってるんだろうということで…。

取りあえず、道具をあれこれそろえ、今日は一日目。パテで接着硬化まで。IMG_3224-3

IMG_3226-2

ツクルテさんのお気に入り天目風茶碗にヒビが入っているのを発見したのも一念発起の最大要因。全然気づかなかったんだけど、他の茶碗とふれたときに妙にこもった音がするなぁとよく見てみたら全面に割れが入っていた。

このまま放置してばらばらにかけてしまうと、金継ぎも何もあったもんじゃないので、えいやっと割ってみたら、きれいに真っ二つ。金できれいに継げたら、いい景色の茶碗になりそうな見事な割れ具合。ついでにカフェで使っているコーヒーカップ、かけたりしたのがいつの間にやら6個もたまっていて、全部一気に接着しました。IMG_3233-4

さて、硬化したら次は余計なパテを丁寧に削る作業が待っている。明日は用事がたまっているので、続きは来週になるかな。

Nさん、茶碗割っちゃってごめんねぇ


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top