落ち葉ネットワーク


0615otiba
急な用事で日曜の朝早く里美に行く。うかがったのは大中のFさん、落ち葉ネットワークというグループの活動日だそうで、用事をすませたあとその活動の様子を見学させていただいた。地元の長男会が整備したという桜が植わった付近で待っていると続々と車が集合してくる。

早速活動開始。今日のメインのお仕事は山道沿いの雑木林の間伐した枝を運び下ろす
作業だそうだ。小さなお子さん連れの家族も多く、何人かは見知った顔もある。ヤマブドウの蔓が伸びた所ではこんな感じにターザンごっこをしている。最初はこわごわやっていたお子さんも、一度やったらやみつきらしくにわかターザンが大勢(*^_^*)

1時間あまりで山道の脇に小枝の山ができあがった。この枝は小さく切ってたい肥の材料になるのだという。作業の後は山の観察会、楽しそうだなぁと思ったけど自分は戻らなければならない時間。その後の様子はリンク先でごらんになれます。なかなか楽しそうだったんだなぁ。

この投稿へのコメント

  1. やす坊 said on 2008年6月22日 at 5:24 PM

    SECRET: 0
    PASS:
     先日はお付き合いありがとうございました。
    雑木林の手入れから始まり、ここからたくさんの活動やつながりがネットワークのように生まれることがF君とぼくの夢です。これからも宜しくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です