あひるの工房cafe


昨日オープンしたばかりのあひるの工房さんへケーキを買いによったら、Fさんご夫妻が丁度ランチで来店中。自分もランチに切り替えて同席させて頂きました。

元は時計屋さんだった店舗、改装始まったと聞いてからオープンまで随分短かったですね。地元の不動産屋さんがお隣さん、いろいろと手配頂けたようです。

ケーキは昨日も早々と完売だとか。今日は食べられると喜んだら、昨日とは違う種類も2種類増えているそうで、あすもまた2種類増える予定だとか。初日に食べて安心した人、ご油断めさるな、あひるの工房は日々進化している。

パティシエさん「おすすめは茨城県のクッキー」朝市などでもおなじみの茨城県をかたどってクッキーにしてあり、常陸太田市のあたりにチョコチップが乗ってる♡

私「この型はどうやってつくったんですか?」
オーナー「自分で折り曲げてつくりました」「最初は彫刻刀で木製のものを作ったんですが、木なのですぐ壊れちゃって…。最初、大子がとれちゃったんですよぉ、そしたら里美の知人がとれた部分は大子じゃなくて里美じゃないですか、早く直してくださいって言われて(笑)今の型は二代目です」

IMG_1347

写真は冷やしたぬきうどん。麺がとてもコシがあって美味しいです。

IMG_1348
こちらはセットのスイーツ。うどんとケーキのセットがランチメニューなのですが、セットについてくるケーキは、販売しているものとは別です。

IMG_1346

こちらはFさんご夫妻のオーダー、サラダうどん(手前)ともう一つのうどん…名前忘れましたが、トマト味の暖かいうどん、Fさんはタバスコとチーズをかけて食べていました。「パスタ感覚で、美味しいです」次はそれを食べてみようかな。

IMG_1351

IMG_1350

IMG_1349

販売のケーキはこちら

東三町は店じまいするところや、建物をこわして更地になってしまったところが増え、歯が抜けてしまうような寂しさがありましたが、スタジオ兼ギャラリー、ダイニングバー、美容室、ケーキ&カフェのお店がオープン。代替わりしていくのでしょうか。楽しみがまた増えました。

あひるの工房 定休日 火曜日
駐車場は、もとのかわねやさんのあった月極駐車場に3台分確保してあるそうです。梅津会館や常陽BK駐車場からも歩いてすぐです、通りの散策を楽しみながら尋ねるのもいいですよ。

オーナー「この通りは日曜日に食事をするところが少ないと聞いているので、なんとしても日曜日は開けます」!個人的にうちと定休日が違ってるのはとても嬉しいです。だって、休みにちょっとお茶したいとき、行けるところ探してたんですからぁ(^^)
(さらに…)

&SUGAR


ひたちなかにナガオカケンメイさんのD&Dにいたパテェシェさんが独立してケーキ屋さんをオープンしたと聞き、行って来ました。

おしゃれなお店です。イートインができ、テープルが3席あります。お店の前に車を止めて、ウインドウ越しに見える店内に、あれおなじみサニーサンディのKさんがご来店中でした(^^)

ご相席でお茶をさせていただくことに、ケーキは基本のイチゴのショートケーキ、飲み物もブレンドをお願いしました。基本のケーキとコーヒーを頂くとそのお店の「力」がわかるんじゃないか、という選択ですが…。そんなこと心配する必要もないおいしいショートケーキ&ブレンドでした。

ちょっと見に、かっちり重めに見えますが、とっても軽いスポンジ。上に乗っているいちごはカットした面が上を向いて、勝負に出てます。切れ味といちごの良さがはっきりわかる断面上にしたいちご!自信作に違いありません。

他のケーキもどれもとても丁寧で一切手抜きなし、間違いありません。クリスマスケーキを予約しちゃいました。

後は皆様、美味しそうな画像をお楽しみくださいな(^^)v
P1000289

P1000290

P1000291

P1000292

P1000293

P1000294

P1000296
(さらに…)

丘の上のマルシェ


サニーサイドキッチンさんから教えてもらった大子のマルシェ、行って来ました。酷暑の日、午後2時過ぎに到着、会場はもうあぢぢでした。

40店舗ほどの出店だそうで、まずは一回り・・・

1
陶器は結構数見てるので、こういうマルシェで目を引くものってあまりない。小皿は集めてるので数枚、蕎麦猪口と薬味入れのセットも一つ。(村田亜希さん作、リンク先は雑貨ショップの紹介記事

2
3
4

こちらのまち針はかわいらしかった。メインは3つめの写真のようなアクセサリーとかトンボ玉なんだろうけど、断然こっちのまち針の方がいい。(針刺しは常陸窯の武藤比呂子さんの作品でマルシェで買ったものではありません)セルリアン工房作

5

会場で佐々木さんにお会いしました。出店してたのねぇ。寄せ植えでお世話になってる富○さんとお知り合いなんだって、知らなかったぜぃ。富○さんに頼んでいる折りたたみテーブルは実は佐々木さんのお手伝いでできてるんだって、そうと知ったら早く作るように催促しようっと。富○さんと佐々木さんはMTBつながりなんだって、世の中狭いなぁ。(リンク先は「さかな家」さんのブログ、佐々木さんの家具について語ってます

6

これを売ってたブースのおっちゃんは、暑さでもうやる気なし。ガラスなんだけど、手に持つと「あぢぢ」となるほど。他の作品はストラップなんかに仕上がっておいてあるので、皮のヒモでもつけてくれないのかと聞いて見たら、「皮に張ってブローチ用の金具とかつけるといいよ」って、おいおい(;一_一)ものはおもしろいのに・・・。革のバックがメイン、作家は女性みたい。カードなどデータ無し

7

針金の細工はあちこちで見かけるけど、これほど既製品っぽい仕上がりのは珍しい。だいたいふにゃって手作り感満載の方がおおいんだけど、これは作りがきりっとしている。ねこのフォームもリアルで、型でもあるのかそれとも相当の数つくっているのか?メーンは染色らしく、手先が紺屋のように青く染まってる。草木染めの麻糸などきれいだけど、そっち系は織りをやってたので見慣れちゃってて特に感動というほどでもない。Dou De Ville 作

8

こんなかんじの作りで、鯨をつくってもらったらいいのに、と思って商店会長さんに見せようと購入したブローチ。動物の組木がかわいらしい anzu to sumomo作

9

竹とんぼもあちこちで見かける。このおっちゃんはいい人っぽい。売るだけでなくWSで一緒に作ったり飛ばしたりした方がおもしろいだろうなぁ。(取扱はhana muguri

鯨ヶ丘のメンバーにも見てきてってお願いしてあったんだけど、どうしただろうと思って会場うろうろしてたらサニーサイドキッチンさんを発見、お目当てのジンジャーミルクは売り切れでした(T_T)午前中商店会長さんが来ていたそうで、会場の責任者の人と名刺交換。

全体の感想・・・。こういう手作り系のマルシェは随分みてる。この近くでは益子が一番おもしろいし、作家のレベルも上。今回は、初回でもあり・・・もう少しがんばりましょう、かな?

ハンドメイドやもの作りのイベント・マルシェが多くなってきていろいろ思うことあり、ちょっとそのうちまとめて書いとこうっと。
(さらに…)

ブラックバードさんに行って来ました♡


2
カフェの仲間と水戸のブラックバードに飲みに行こうって決めて、待つことひと月弱、やっと念願の夜のブラックバード体験してきました。気象台を上がって大通りとぶつかる前のコインパーキング、土曜の夜というのにがら空きです。徒歩数分で店の前に到着!こんな素敵なお店が水戸にあるんだねぇといいながらドアを開けていざいざ。

奥の予約席についてすぐ、ツイッターのお仲間さんからご挨拶をいただく。ご挨拶と言ってもアカウント上でしか存じ上げないので初めましてなんだけど、なんかとっても和気藹々なご挨拶になるのはツイッター特有でしょうか。送れてくるYちゃんを「待たずに」乾杯。Kさんはワインを注文したんだけど、オーダーをするときの店員さんの心遣いが何とも素晴らしい。ワイン2種をもってきて、それぞれの説明をきき、選んだところで1杯で終わらないつもりならと2種をおすすめされる。そんな丁寧な進め方をされては、ちょっとイマイチの体調だったというKさんも絶好調になってしまいました。

最初に届いたのはカルパッチョ(写真)生ハム。生ハムの香りがすーーーーばーーらしい。おいしい。スーパーで売ってるのは生ハムではない(きっぱり)。
1
これはタケノコとホワイトアスパラのソテー

Yちゃんも合流して4人で閉店10時までわいわいやって、会計が3500円/一人。そんなに安いんだぁっておいしさと安さに二度びっくりで、間をあまり開けずに再戦したい思いで帰宅。大満足な一日でした。
(さらに…)

あせっ、あせっ


IMG_3474-1

去年の暮れにはオープンするかなって楽しみにしていた舞鶴橋近くのカフェ、やっとオープン。いつか行こうね(*^^)vってGさんと話していたんだけど、時間ができてやっと行けました。しかぁ~し…。

友達も「入りにくい」という人の多いドア、これは一般住宅用のドアだからなぁ、それをおそるおそる開けて「いいですかぁ?」と入る。お客は私たちのみ。壁面いっぱいに飾られた陶器の数々。カフェ看板に「陶器であそんでみませんか」と書いてあるとおり、オーナーは陶芸を趣味とする人みたい。

ですが、そのレベルは「?」がつくかも。ケーキセットを注文して出てきたお皿が写真です。う~ん、言葉がない。たぶんケーキもアイスコーヒーも「できあい」を仕入れて出しているものに違いない。と言うことは、食べ物が「売り」のお店ではなく、やはり陶器を楽しむ店というコンセプトなんだろうと思う。

だいぶ前に小木津駅の近くで入ったカフェを思い出したら、一緒にいったGさんも同じことを考えていたらしい。ブログにも確か書いた(2007年05月17日)、いわゆるお土産物やさんにあるような陶器やアンティークもどきをおいてある和カフェ。頼んだミックスフライランチはすべて冷凍食品だった所。そこと同じかも。

頭の中が「・・・」になってしまって、さて帰ろうとしたら「かえんないでよぉ、さみしくなっちゃうからぁ~」とオーナーらしき女性。唖然。

そこに行った日から何日か後、機初のケーキ屋さん「ナチュール」にケーキを買いに行った。最初からセンスのいい店だったけど、小物の使い方や店の外の雰囲気など相変わらずというより気を抜かないで前進している感じがする。共通点は自宅ショップと言うだけだけど、自宅ショップという今風の夢にもずいぶんと差があるものだなぁ。
(さらに…)

お好み焼き


IMG_3017-1

カフェの会議を早めに終わらせ、くじらカフェにお好み焼きを食べに行って来ました。カフェ1周年でもあり、会議の後においしい1杯!って、車でいったのでノンアルコールの1周年ではありました。

お好み焼きって特に好きでもなく、子どもが食べたいって言うから作るって感じだったけど、確かに目の前で焼いて食べるんだからおいしくないはずはない。でも、結局は最後に塗るソースの味が強くってみんな同じ味に思えてしまう。やっぱ好きな食べ物では無いんだな、お好み焼きは、私。
(さらに…)

同源亭


IMG_2877-1

土浦の姉の所の灯籠、長い間もらい手をさがしていたが、なんと今度こそはもらってくれる人が見つかった。

ある朝、茨城大学のH先生から電話があり、「灯籠にぴったりの庭が見つかった」という。牛久にある料亭だそうで、そのオーナーはお医者さんなのだそうだ。「灯籠がどんな庭に置かれるのか見てもらって納得してもらいたい」とかでその料亭に姉夫婦共々私もご招待してくれるんだって。

ゴチはうれしいんだけど、ほんとに持って行けるのだろうかと一抹の不安を持ったのは姉も私も一緒だったらしい。今まで灯籠を見に来る人みんな「欲しい」というが持ち出す手間で断念してきた。

持って行ってからお礼にゴチというなら、安心していただきまぁすといえるけど、ゴチになるわ、やっぱもっていけませんでした、では目も当てられんからねぇ。

H先生、私と姉の予定を聞き、お医者様の予定をきき、と何度も日程調整の電話をしてくださる。なんだか申し訳無いような、ほんとかいな的な感覚もすこぉし。

で、ゴチのお約束の19日、現地の牛久集合と言うことでお店の名前が「同源亭」ネットで住所を調べ地図をプリントしていざ出発。つくばの先から牛久・成田方面に高速がつながっていて2時間かからずに到着しました。

駐車場で待つことしばし、先生と姉夫婦が相次いで到着、いざ庭に…。びっくりしました。滝!個人の庭ですかぁこれ?取りあえず庭を一回り、案内してくれたのはオーナーではなくそのお医者さんの懇意な製薬会社社長だって…。

で、庭園を見渡せる料亭へとすすみました。まず用意されていたのが上の写真。ほとんどの人が初対面という感じで、どうなることかと思っていたけど、先生とTさんのお話上手でおいしくお料理はいただきました。

牛久社協に長く仕事で通っていた先生も、こんな料亭があるのをずっと知らなかったんだって。牛久社協の担当者(部長)が、先生をここに連れてきてくれて、庭を見た瞬間に「あの灯籠にぴったり」と話をつないでくれたらしい。

お医者様もどんなに金・金タイプかと想像してきたのだけど、純朴そうな奄美出身者で、庭いじりが好きで好きで仕方がない感じ。怪しげなもらい手でなくてほんとよかったって、手打ちとなりました。

その後灯籠以外にも庭石も持って行ってくれることで話がまとまったようで、姉の長い懸案事項は一歩も二歩も進んだのでした。

IMG_2890-2
IMG_2892-3
IMG_2891-4

(さらに…)

取手


0809omonma
フォンズの取材で取手にある東京芸大キャンパスに行って来た。国民文化祭の中のTAP2008を取り上げるため。8/9、10両日は今年の公募展の審査が行われていて、一般来場者の投票もできるという。TVチャンピオンみたいじゃない。
(さらに…)

ビアガーデン


0803boys
スタジオボンズの屋上にビアガーデンがオープンして、行かなきゃと思っていてもなかなかタイミングが合わない日が続いた。やっと今日行って来ましたよぉ。この写真は今日のボーイさんたちです。
(さらに…)

.