大友克洋原画展~活版フェスタ



5月4日、九ポ堂さんに教えていただいた活版フェスタのワークショップを申し込んであり、上京のついでに、前回買えなかった大友克洋のグッズを買い足し(*^_^*)学校だった建物の利用法としてはとてもいい。エントランスがひろびろとして、開放感があるのは学校ならでは。

お目当ては缶バッチセット。麻布にバッチをつけて額に入れて飾ろうかと思う。懐かしいシーンがカラーでバッチになってる。一つ一つのバッチが「あのシーンだ」と思い出せるほど没頭して読んだ漫画家さんでした。「でした」って過去形ではなく、連載が始まるとか・・・。どうなんだろう、若干の不安込みの期待感あり。

場所は移動して活版フェスタ。こじんまりとしたビルの4階が会場。エレベーターを降りるとすぐに会場がみえ、部屋はおおきくはないものの、熱気がじんわり伝わってくる。

2

一番先に目に飛び込んできたのは、この活版印刷機!アンティークのオルゴールかと思うような出で立ち!機械って美しかったのねぇ、昔から。

会場には活版を業となす企業がブースを並べて作品を販売している。中にはこんなスタンプを売っているところも(*^_^*)黄門様が初代から最後の里見浩太朗さんまであったようだけど、残ってたのはこの方の代。常陸太田ですから、速攻で買いました。つくっているのはなんと土浦の出身。それにしてもそっくりな消しゴムはんこ。消しゴムはんこで名をなしたナンシー関みたいに上手です。写真を送ると、消しゴムはんこを作ってくれるとか。

似顔絵はんこ作家 Fumiwo 史緒
4

はんこ作家さんがもう一人、 羅久井ハナさん

目を引いたのは、この原稿用紙。PORTさん
6

7

7字20行の原稿用紙を作った、メモ用紙としてサイズをいい感じでつくったら、この字数×行になって、たまたまツイッターの140字と同じだった、とか。糸井重里が使ってると言うことで、確かにセンスいい。

下の写真は、上の白地の部分に絵を描いてもいいし、という説明だったけど、自分は喜久屋さんのような筆文字が書けるかたが商品のPOPに使うと面白いのではないかと思った。お土産に購入(*^_^*)

一番欲しかったはこちらの活字ホルダー。但し値段が数万円で断念(T_T)。作ってるのは築地活字さん。
スタンプとしても使え、勿論紙への印字、持ち手を交換すれば、レザーへの刻印やハンドプレスの活版印刷もできるとか。垂涎ですが・・・。
5

時間となりまして、申し込んであったワークショップは「ハンド・モールドで活字をつくろう!」鉛を溶かしたものを活字を組んだ鋳型に流し込んでmy活字をつくり、それでカードを印刷してもらうというもの。

見た目には簡単そうに見える鉛の流し込み、あっというまに冷えるので一気に流し込まないとこんな風になっちゃう(笑)
11

「天下太平」の4本と、大きめで「活」という活字を作って来ました。何に使おうかな(*^_^*)
3

会場ではいろんな活版印刷グッズも売っていて、こんな木箱も売ってました。ボタンケースを探してるお友達にあげようかな・・・。
12

会場に来てる人はおおきく二分されてる。30代くらいのセンスいい若者、そして活版印刷の時代をリアルに体験してきた年配層。東京には活版印刷の会社がまだ多く残っていて、その雰囲気を若者が好んで、静かなブームになっているという、レトロ・懐古など他にもよくあるパターン。上手に代替わりでき、生業として成り立ち、仕事・文化として残ると嬉しいなぁ。
(さらに…)

銀座手仕事直売所~松屋銀座


銀座手仕事直売所、行ってきました。会場につくなり、激込みで驚き。いろんなブースを見て回る。「手仕事」にこれだけの人が出る、流石に東京ですねぇ。いろいろ目を引くもの有り、既知の店有りで楽しかった。ものすごい暑さの中出かけた甲斐があるというものです。その辺のマルシェなどで見かけるのとは、段違いの作家・店の勢揃いでした。

2-2
ガラス工房 安土
レトロな味わいのガラスの器です。気泡の入った感じ、ガラスの色の入り具合とか絶妙です。日本民藝館展で入賞だそうで、なるほどね。ペンダントライトが欲しかったけど数万円!あきらめました。

5
Bowl Pond Products
テープカッターっていいのが無いのよね。ヨーガンレールで鋳物のテープカッターを造っていて、さすがと思って試してみたら、テープを切る肝心の刃の部分がどうしようもなく、あきらめた。倉敷意匠の木製のものもいいけど、木製なので軽すぎて使いにくい。片手ですぱっと切れる、いいテープカッターないかなと長く探していた。ありましたぜ!願わくば、下のさいころのような色合いだとよかった。

1-1
これはおなじメーカーのクリップとさいころ。ペーパーウェイトにしようかな。クリップはつなげてS字フックなどと使うこともできるらしい。

3

今回目指したのはこのはさみ。 色といい、切れ味といい、申し分無しです。

はさみの持ち手につけてあるのは田代淳さんの塗り、たまたまツイッターでフォロしていた人だったんだけど、「銀座に行く」というつぶやきを見つけ、もしやと思って会場で塗りを探したらビンゴだった。ご本人には会えず、残念。たぶん、ほんとうはストラップなんだろうけど、このはさみにぴったり。

4
最後は、沖縄のかご。今はもう編む人がいなくなりそうな、というかごだそう。つやつやした素材が素敵で、水に強く洗った食器をあげておくかごだったそうな。中の毛糸がど派手なのがイマイチです(T_T)

益子とかこの辺でもクラフトフェアっぽいマルシェ風イベントが多くなったけど、やっぱ余りにもレベルが違いすぎ。あーー、松本のクラフトフェアに一度行ってみたいもんです。銀座は楽しゅうございました。
(さらに…)

秋の行楽だぁ


お友達のNさんに誘われて笠間・益子陶芸館巡りに行って来ました。
ルーシー・リーの作品と日本の人間国宝勢揃い展。ランチはスターネットにご無沙汰で入ってみると、以前ランチをいただい建物はカフェになっていて、食事は丘の上へどうぞと案内される。11時からオープンで、ちょうど時間ぴったり着だったので待たずにテーブルへ。

16-6

パンプキンスープ。

15-5

蒸した野菜にオリーブオイルと塩を振っただけのサラダ。出し方が上手。前にきたよりずっと洗練されてます、が皿がイマイチ。

14-4

メインは二人で違うものを注文。こちらはNさんが頼んだチキンミンチのハンバーグ風。

13-3

これは私が頼んだとろとろオムレツ。タマゴが白いのは、きっと着色料など入っていないちゃんとしたえさを食べている鶏さんのタマゴを使っているからでしょう。

12-2

サービスをしてくれる女性はみんなこんな感じの妖精ドレス(Nさん命名)を着ています。おしゃれなお店もいいけど、こんな服は私は着たくない・・・、それより以前に似合わないかな?

「昔都会に住んでいた頃は、こんな風なオーガニックとかきれいに今風のランチを提供されて、素敵と思っていたが、今田舎に暮らしてみて食材・生産者と近い位置に暮らしてみると、あのランチが嘘っぽく感じる」とNさん。全く同感。

作り手や土地とつながっていない空虚さが、都会の多くのものにまとわりついている。提供の仕方は抜群のセンス、だけど今の自分たちはそれに惑わされないぞ、という思いを強くしたスターネットランチ。恐るるにたりない、(なんて強気な発言していいのか、じぶん!?)けど勉強になります。
(さらに…)

この猫~しおちゃんっていうの


今は亡き(家出してしまって帰宅しない歴2年だからきっと亡くなってると思う)クロネコのくーちゃんにそっくり。ぴゃーぴゃー言う泣き方まで同じだけど、くーちゃんは「お帰り」っては言わなかったし、それより何よりなにやら不明のぴゃーぴゃー鳴きが多かった子だったなぁ。
(さらに…)

上野鈴本


IMG_4384-1

カフェの落語会にお招きしている隅田川馬石師匠、2月下席・夜の部で主任(トリ)をつとめるとお葉書が届いていた。長女の就職に伴い引っ越しの打ち合わせやスーツを買いに上京する予定だったので、予定では朝上京して買い物などするつもりだったが、前日まえのりで夜でかけ長女と一緒に上野鈴本で落語を見る。

久しぶりの鈴本、2月の寒い時期の平日、空いていました。馬石師匠の時はいつも中入り前が師匠の師匠、五街道雲助さん。テレビなんかでは全く見る機会のない師匠、高座しか出ないんでしょうか。うまいです。酔っぱらいの描写がすべてのようなお話をしてましたが、まぁ、それがなんとも、ほんとに酔っぱらいみたいで、当たり前な感想ですねぇ。

馬石師匠のこのお話は初めて聞きました。臥煙(がえん)が主人公の火事息子」。「江戸っ子」「色白」「背の高い者」「男っぷりのいいこと」「腕っ節の強い者」という条件を満たしたものだけがなれるという定火消しになった若旦那のお話。馬石師匠は条件満たしてるかな?関西生まれだったか…。

落語を聞いてから、長女のマンションへ帰宅、通い慣れている長女は全く平気みたいだけど、上野から新宿、さらに高幡不動へと1時間余の帰宅は遠くてめんどくさい。久しぶりの長女のマンション、引っ越しだなんだと大騒ぎしたのは4年前なんだと、なんだかあっという間の4年に驚くやら、しんみりしちゃうやら。

マンションに入り口に「変なものが配置された」というのが、これ↓IMG_4385-2

花粉除去の装置だという。自分の部屋に行く前にここで花粉をおとしてからどうぞ、という装置で中に入ってスイッチを押すと中で思いっきりエアがかけられ、髪の毛なんかぼっさぼさになるんだって。使う人見たことないって、つまんないもの設置するんだねぇ。
(さらに…)

茨城大学落研


IMG_4336-1

毎月最終土曜の夕方開かれている夜市に茨城大学の落研さんに来てもらおうと話がまとまっていて、下見を兼ねて初めてその「芸」を鑑賞に県立図書館で行われている「三の丸寄席」にでかけた。

県の会議などでよく使う3階の会議室が会場。入ってみると高座が設けてありちゃんとめくりもかけてある。カフェで提案したイベントなのでスタッフ数人で現地集合の見学会だったが、Yちゃんは体調優れずNさんと二人。

見終わった後の二人の正直な感想は「意外と上手で、びっくり」。二つ目さんがやるような前座話かと思っていたら、ちゃんとした(失礼な言い方になってすみません、でもほんと上手でした)お話で楽しめました。

お客様の入りも、写真のようにほぼ満席状態。受付にいらした落研部長さんに「毎回こんな感じの入りなんですか?」と聞いていたら、お客様の一人が「いつも結構いっぱいなのよぉ」と。会場の雰囲気も暖かくなんだかアットホームな落語会で、ほんわかと満足な下見でした。

4月が楽しみなのだけど、部長さん曰く「新入部員が無いと、部の存続が危うい状態で…」、話の途中でも同じようなことを飛玉泉(とぎょくせん)さんというメンバーが言っていまして(-_-;)がんばれ落研!
(さらに…)

twitter


134_normal

夕ご飯の時に見ていたBSでtwitterのことをやっていた。夫が「この辺でやってるとこあるのかな?」と言うので「私やってますけど」。とはいうものの、いまいちよくわからないので、話の流れでいろいろやっていたら、広瀬香美のtwitterで使い方講座みたいなことが始まっていたところにちょうど行き当たった。

香美さんに「フォローミー」とつぶやきを送ると、あれまぁ広瀬香美さんがこっちをフォローしてくれたんですね、びっくり。時々こういうボランティア的twitter講座をやってるようです。

驚いたのはそのスピード。ブログなんて目じゃない。怒濤のようなツイートが…。あっという間に1~2時間過ぎてしまいそう。おもしろそうですが、時間がいくらあっても足りなくなりそうです。
(さらに…)

キャンドルスタンド


IMG_4107-1

里美の特養施設からクリスマス会でハンドベルの演奏をとの話をいただき、会場の様子を下見に里美に出かけた。会場はよその施設よりゆったりとした作りで、演奏の打ち合わせも順調にすみ予定より早めに帰れることになった。

その施設は徳田、徳田には鵜沢さんの工房がある。しばらくご無沙汰していたしなかなか徳田まで出てこないので帰りに寄ってみようと言うことになり同乗のYちゃんと行って見たら、ラッキーご夫婦そろってご在宅!

炉の前で作業の真っ最中だったのが申し訳無かったけど、快く最近の作品など見せてくださった。その中からいただいて来たのがこのキャンドルスタンド。台の部分に残った気泡が美しい。

もう一ついただいて来たのはおひな様、こちらは来年UPしよぉっと。
(さらに…)

お茶の水うろうろ


お茶の水に美すず堂という製本工房・ギャラリーがある。若い頃蔵書票や製本にあこがれがあったんだけど、そのワークショップをやっている工房ということでちょくちょくサイトを見ていた。

ここでは、製本等のワークショップもやっていて、見るたびに「いいなぁ」と思っていたんだけど、思い立ってそのワークショップに申し込んでみた。取りあえず初級扱いのワークショップを、と思い蔵書票つくりのワークショップ。お茶の水にあるという工房に午後1時集合、だいぶ早く着いてしまったのでその辺をうろうろしてみる。湯島聖堂が駅前にあり、その近くが工房と目鼻を付けて、他をうろうろすると「神田明神→」という看板を発見。

IMG_4065-1

せっかくだからお参りしてと思ったら、中では結婚式を執り行っている最中でした。
IMG_4069-2

さて、元に戻って湯島聖堂にはいると、「なぁんだか、妙に中国っぽい作り…」、それもそのはず孔子を祀ったところなんでした。さっき見た神田明神と違って歩いている人に観光地っぽくもない人が多くて不思議な雰囲気が漂っているなぁと思って見ていると、ここでは論語の講座なんかも開かれていて、やたらおじいさんが多いってのも納得。

IMG_4091-3

で、肝心の蔵書票つくり、こんなのができました。消しゴムはんこね。IMG_4102-4

(さらに…)

.