藍染~発色効果


aizome4

染を繰り返した後、いったん水洗いして今度は発色をよくするために酸の液を作って浸す。水1ℓ当たり5ccの酢酸を入れ、10分弱漬け込む。その後さらに水洗いする。
(さらに…)

藍染~染め


aizome3

藍液の中に、布をジャバラ折でふんわりと漬け込む。つけている間は布に空気がふれないよう押さえておく。2~3分たったら液からあげ、今度は全面が空気にふれるよう広げて空気酸化させる。液からあげたとたんは、布は緑色をしているが、酸化が進むと紺色に変わって行く。きれいに紺になったら、もう一度藍液に浸す。この過程を数回繰り返す。
(さらに…)

藍染~藍液


7d56eabb.jpg藍液を作る。手元にあるのは粉末の藍、水1ℓあたり3~5gを入れてよく混ぜる。入れたとたんに泡のようなものが出てくる、これは藍の華。
(さらに…)

藍染~前処理


3adbd650.jpg
お昼ごはんを済ませ、柿渋染めが乾くまでの間に、午前中染めた浴衣の布で青の部分が多いものと白のシーツ用の布らしきものを藍染にする。
(さらに…)

織り姫祭


0714fu

台風が近づきつつあるあいにくの天気の中、織り姫祭当日朝はまだ小降り。
(さらに…)

織姫祭


orihimematuri

去年の七夕の日から始まった織りの教室のイベント、織姫祭。今年は7日が先生のご都合がわるく来週の14日開催。毎年11月後半に行う教室展では、この一年、生徒が作った織りの作品を展示販売する。
(さらに…)

スウェーデン大使館


スウェーデンで発行されている織物の雑誌の日本語訳版を発行しているところが、スウェーデン大使館で裂き織りの展示会をするという。展示される作品はその雑誌に掲載されたもので、東京の子どもたちと遊ぶついでに見に行こうと思っていた。夫も一緒に行くと言うので日程を合わせ7/1に二人で出かける。場所が六本木近くなので、国立新美術館でモネの展覧会も見ようと言うことで朝早くの高速バスで上京。
(さらに…)

2月22日 刺繍~椿


tubaki
亡くなった小おばが趣味としていた水墨画、帯の地に絵を描いたものがたくさん残っていて母がくれるという。
(さらに…)

.