ひょうたんランプ


カフェオープンに向けて、調度品・什器備品を買いそろえていた2007年10月、益子にひょうたんランプを買いに行った。スタッフとしてカフェに関わっていたGさんKさん、鯨ヶ丘倶楽部のFさん。もうひと組、Nさん親子とご一緒した。

Nさんのお母さんは前からひょうたんを栽培していて、色を塗ったり文字を書いたりしていた。興味があると思ってKさんがお誘いしたらしい。

益子の作家さんの工房は↓
1

とっても綺麗な幻想的な空間・・・なんだけど、ギャラリーと加工場が隣り合わせで、強烈な臭いがした(T_T) ぎんなんの落ちてる所と同じ、それ以上の臭いというと想像がつくかな?

そこで自分たちはカフェで使うランプを購入したのだけど、ご一緒したNさんのお母さんは、作家さんに「どうやってつくるのか」「工具はどこで買うのか」などどとても熱心に話を聞いてた、のでした。

その後、自分たちはカフェのオープンでてんやわんやだった間に、Nさんひょうたんの加工をマスターしてしまい、2011年11月100個以上の綺麗なランプをつくり、地元のお祭りで展示、TVでも紹介されたりした。素晴らしいパワフルなお母さん!(888888888888888888888888888)

ひょうたんランプの加工を教えてくださいとNさんに何度もお願いしたのだけど、その当時はご自分で作るので一生懸命だったのか、話がまとまらず今に至っていた。

先日TVでNさんのひょうたんをみた友人が、ツイッターで「自分もつくってみたい」と言っていたので、そういえば自分も作りたくて教えてもらいたいってお願いしたことあったんだと思いだした。ひょうたんの素材を譲っていただけないかとNさんにうかがってみたこともあったのだけど、丹精をこめてつくったひょうたんは加工前の素材でも大事なものだから、柚ってもらうわけにも行かなかった。

そこで「もしや」とネットで探してみたら、ありました!素材として乾燥させたひょうたんが売っていた。早速つぶやいていた友人に「取り寄せてつくって見る?」と訪ねたら、即答で「やる!」とのこと。作り方もネットで調べ、工具を他の友人から借り、今日ひょうたんつくりをやってみました。

始まるまでは、「難しいに違いない」と思っていた。Nさんからも「最初は随分と割った」と聞いていたので、練習にミニミニサイズのひょうたんを購入、ドリルでおそるおそる・・・

簡単にできちゃう!!!!

こちらは作業風景↓
1

友人Kさんの試作第一号↓
3

同じく友人Sさんの試作第一号↓
4

お二人とも手作りが好きな方なのであっというまにさくさくと完成してしまいました。今回購入した素材ひょうたんはミニミニサイズが一人5個、もうちょっと大きいのが一人2個。試作が終わって、3人とも「ジョイフル山新に工具を買いに行く」と決意しました(@^^)/~~~

カフェに3人集合して試作しての帰り道、山新でルーターを購入↓ 3980円なり。
5

自宅に戻って作ったのがこちらです↓
9

元々持っていた作家さんのランプ(奥の大きな物)と並べてみました。大きさがだいぶ違いますが、そのうち大きなひょうたんにも挑戦するぞぉ!
8

今回、ひょうたんつくりにトライできたのは友人が「やりたい」ってつぶやいてくれたことが大きい。自分一人ではハードルが高くてできないって思い込んでいた。手作りが好きな友人たちがツイッターでつぶやいてくれたおかげで一歩踏み出せて、しかもこんなに簡単にできちゃうなんて。

カフェでワークショップとか募集したらきっと参加したい人いると思う、って試作中に友人たちと話した。子供たちでも気をつければきっとできる。何か物を作る楽しさって親子でできたらいいよねぇ。

残る問題はひょうたんをどうやって手に入れるか。成ったひょうたんの中身を抜き乾燥させる加工の途中の臭いは、自宅のある町中でやったらご近所から総スカンを食うに違いない。で、里美で農業をやっている友人Fさんに相談してみた。ひょうたんの大きなものは相当な重さになり、それをいくつも成らせる棚はきちんとしたものを作らないと持たないと聞く。

Fさん、乾燥させる加工まではできないけど、実になるまでならやってもいいとのお返事。一緒に試作したKさんによると簡単に種抜き乾燥ができるクスリもあるという。夢が広がるなぁ。最悪ひょうたんが栽培できなくても、素材として売っているなら買った方がいいかな?とも思うし、農家で手があいている方がいたら加工して売ってくれたら、そこそこお小遣いくらいにはなるんじゃないだろうか、というのは工具を貸してくれたFさんの発想。そうなったら、なんだかいいことだらけじゃない?楽しみが増えまくった今日一日でした(^◇^)
(さらに…)

リボンマーケット at  棚倉町


常陸窯の武藤さんご夫妻が参加しているリボンマーケットに初めて行って来た。棚倉町、車で1時間ちょっと、かなり「近い」印象。道も349を北上し118に乗り換え、そのままで棚倉につくので一本一道の印象。

会場はルネサンス棚倉、いつもはゴルフ場にブース点在させての展示だそうだが、今年は原発事故の影響で屋内展示となる。そんなに広くない会議室に20近いブースが並んでいるうえにお客様もなので、ゆったり気分にはなれず、屋外ゴルフ場開催のほうがずっといいだろうなぁと思いつつ見て回る。

常陸太田からは常陸窯さんと鵜沢ガラス工房さん(会場にいたのは奥様)が参加。
2

武藤比呂子さんの針山とリーフの形のペーパーウェイト。

4

一緒に行ったのがツクルテさん、鵜沢さんのテーブルについてすぐ手にとって「これを」とキープお願いしたものが図らずも同じ作品、写真左のグラス。灯りを受けたときの影が美しいです。

他に購入してきたものはというと・・・
1

家具工房kinome:
サニーサンディさんでスクラップブッキングWS参加したりしていつの間にか増えてきたマスキングテープ、テープカッターのいい物が無いとぼやいていたが、なかなかいい感じです。お値段もいいけど、しょうがないか。テープの切れ味は文句ありません。

3

針山がちょっといい感じだったので買ってきました。革の質感がもうちょっといいものだといいなぁ。

写真はありませんが、会場に出ていたFOODもおしゃれではあります。けんちんや蕎麦が並ぶお祭りとはだいぶ違いますね。「get well soon」のパンをお土産に買って帰路へ。

大子のりんご園でツクルテさんは29日30日クラフトフェアに出展するのでご挨拶をかねてりんご園に。紅玉が売り切れでガッカリ。「恵」という硬くて酸っぱいと言うリンゴを買ってきました。リンゴはばりばりの堅いものに限りますねぇ。
(さらに…)

「ものをつくる」めぐりの日


ムラカスタイルさんのタイカービング、2回目行って来ました。前回と同じソープの部で、違うデザインパターンを練習。前回お会いした人や、午前午後ですれ違ったツイッターお知り合いと一緒に受講しました。ちょっとしたラインを書くことの難しいこと(;一_一)でも、完成すればなんともうれしいものでございます。作品↓
1

暑い日だったので石けんが手で扱っているうちに溶け出すんじゃないかと思うほどでした。講座修了後ブラックバードさんでランチ、と喜び勇んで行ったら日曜定休でした。残念。

その足で大子の「丘の上のマルシェ」に移動。会場で何か食べられるかと昼食パスで行ったら、お目当てのサニーサイドキッチンさんは売り切れ(午後2時を回ってましたから、しょうがないです)会場で甘くない食べ物が見つからない・・・。クッキーやスコーンではなぁ、暑いし。帰り道で蕎麦?おいしいお店思い浮かばないし・・・。

で、大子にきたので器而庵へ寄り道。奥さんがお店ばんをしていたのでちょっとお話し。店内を拝見するのは初めてなのであちこち興味津々で見てきました。日差し対策に苦労なさったみたいでガラスの二重張りが奏功だとひろみちゃんを誉めてましたよー(*^_^*)

珍しい形の椀があったので一目惚れで購入、夫と二人分で済むので清水から飛び降りる感覚もちょっとゆるめです。1

飯碗のサイズですが、ご飯には使わないかも。ちょっとした煮物とかを盛るのにいいなぁと。煮物を作りがいのある冬が待ち遠しい。

結局お昼は自宅で5時前になってしまった。夕飯を作る気がしないよぉ。
(さらに…)

不思議な編みかた


4

冬になると、編み棒を持ちたくなるけど、何とも時間がなくて。今年やって見ようと持ち出したのは以前Fuで購入していた変わり毛糸。むら染めよりももっといろんな色合いがあって、編み上げるとそれだけで柄になるとおもしろがられていたもの。

ただのガーター編みのように見えるけど、1目ごとに掛け目をしているので、編み上がると・・・。

9

写真ではちょっとわかりにくいけど、二重というか袋の状態に編めていく。できあがりは帽子の予定、でも編んでみたら妙に柄がポップなのでバックなんかの方がいいかも。できあがったら袋の部分を写真アップ、しますが、いつになるかは(T_T)
(さらに…)

半年かけてやっと完成


0907-1

春先・・・というよりふゆの終わりに編み始めたストール、この数日の涼しさでやっと編み棒を持つ気分になり、編み始めたらはまって、そのまま完成しました。約1.8mくらいある、ぐるぐる巻用ストール。

でも、できあがっちゃうと興味がなくなって、自分では着けないんだよね、まいど。使わないものを何で編むのかっていうと、編むのが楽しいから、ただそれだけ。
(さらに…)

布ぞうり


0908zori
布ぞうりを作ってcafeに飾っておいたら姉がきたときに見て「いいなぁ」というのであげちゃった。そしたら、姪っ子が「わたしにも」と言ってきたので作ったのがこれ。
(さらに…)

タピストリー


1202fu

数日前に完成した平織りの布、バックにしようと思っていたのだけど、先生や仲間が「最初はタピストリーにして飾ったら」「切って形にするのはそのあとでもできる」というので端の始末だけして飾ってみました。
(さらに…)

.