ホームページ工事中


news

カフェはオープンからずっとブログのみの情報発信。今年になってフェイスブックページも準備したが、なかなか敷居が高いらしく、普通の人はなかなか見てはくれない様子。ブログのアクセス数は順調なのだが、情報が流れてしまうのがネックだった。

HPをトップページとその次の階層ぐらい準備しようとスタッフでまとまり、少しずつすすんでいる。先日、トップページ用の文字データが届いて早速貼り付けてみた。

作成は「九ポ堂さん」、この文字の他にイラストも用意してもらっている。数ヶ月前ツイッターで知り、活版印刷のワークショップをするというので国立まで出かけていった。

オリジナルで絵はがきも作っていて、それがひとめで気に入って、まずはショップのカード作成をお願い。やりとりをするうち、HP用の文字も作っていただき、ひょんな事から長年の宿題が一気に形になった。不思議な縁とでもいうのか、今時のつながりと言ったらいいのか。思いがけない縁で素敵なHPができそう(*^_^*)

まだ工事中だけどHPはこちら
(さらに…)

お愛宕さん参り


イメージ 1
毎年1月24日、東一町の町内で金砂郷玉造の愛宕山にお参りに行く。朝9時に町内のタクシー会社の前に集合し、各家庭1名が乗りあわせて出発する。

旧太田町の他の町内のように、東一町も昔は町内にお社があったそうだが、何かのきっかけでそれを若宮八幡宮にお返ししてしまった。すると、その後大きな火事があり、それから毎年火伏せの神様・お愛宕さんにお参りするようになったのだと、近所の方に聞いた。

お社がないかわりに、小さな神棚が町内を回ってくることは前にもブログで書いたし、お愛宕さん参りのことも書いてある。今年も同じように出かけ、毎年「今年は本殿まで登るのはやめよう」と思うが周りの年配の方も皆登っていくので、ヒーヒー言いながら今年も登った。

本殿で参拝し、甘酒を頂いて社の周りをぐるっと回ったら・・・。去年の地震でこのお社もやはり被害を受けていた。塀と石垣が崩れて、奥殿も被害があった様子。周り終わりのところに、神馬の木像が飾ってあったのだが、それも倒れて、首のところから折れている。倒れたままなのも痛々しい。
イメージ
最初にここにお参りした時、こんな素敵な木像の神馬を見られておどろき、ブログにも書いてある、あおの立派な神馬は二度と拝見できないのだろうか。残念だ。
(さらに…)

SNSまみれ


個人のHP→2000年前後? 最後の更新2008/6/20(;一_一)

個人のブログ→2005/6/4  6年かぁ、あっというまでしたねぇ。

カフェのブログ→2007年秋

ツイッター→2009年秋だったような・・・。

フェイスブック→今年

google+→今年   ちんぷんかんぷん状態でほったらかし。

整理しようっと。当面、ツイッターとフェイスブックにまとめちゃおう。長年やってきたので未練があるけど、どうにもならないし、FBやツイッターの方が反応があって楽しいし(@^^)/~~~

アカウント持ってない人は、フェイスブックのページってどう見えるのかな?・・・・・ほとんど何もわからないんだぁ。どうしたもんだかなぁ。カフェは当面ブログと並行するしかないかなぁ・・・
(さらに…)

茨城放送・スクーピーさん


0331-1

3/30、店番をしていると若い女性が来店、茨城放送のスクーピーさんだった。31日に鯨ヶ丘を紹介したいとの申し出でした。

鯨ヶ丘は雛まつりを開催中だということ、自粛モードでイベントの中止が相次ぐ中、少しでも前に進もうとしている所を紹介したいとのこと。更に話しを聞くと、スクーピーとしての最後の日で、そういうときは自分の自由に取材先を選べるのだそうだ。

常陸太田在住のスクーピーさん、知り合いの姪御さんだった。カフェの紹介だけでなく商店会の様子や雛まつりの反応なども聞きたいなどと話しを聞いている所に、はかったように吊し雛の作者JAのI会長さんが来店。

飛んで火にいる夏の虫・・・とは言わないが、グッドタイミングで続けて話しを聞いていると、またもや店の前を商店会長Wさんが通過。呼び止めて話しをつなぐ。

奇跡的とは言い過ぎだけど、こうしてストーリーは完成し、31日の放送となったのでした。ツイートはしたけど誰にいうわけでもなかった放送後、結構「聞いたよ」という声を聞いた。地震のあと、茨城放送を聞く人が増えていると実感。電気も水もないなか、小さなラジオや車に乗ると聞こえる茨城放送がどんなに心強かったか、誰しも同じ思いだったようだ。

というような、茨城放送さんへの感謝の言葉でしめようねって話し手の3人もそばにいたアドバイザーのGさんも言っていたのに、今日で終わりのスクーピーさん結局そのことには触れずに放送を終えてしまった。ご自分の最終日という想いでイッパイイッパイだったのかな?
(さらに…)

RunWay★Beat


9

8月2日3日、賑やかに映画の撮影がきた。2日大雨雷の中を大道具さん達が洋品店の看板を直して行ったのはみていた。

翌3日、エキストラの動員がかかって板谷坂をうろうろしていた頃、大高洋品店の改装(?)が進んでいたようで、カフェに戻ってくると洋品店入り口のガラス戸にすばらしくおしゃれなロゴが出来ていた。

終日野次馬でごったがえしていた通り、みんなスタッフにしかられながら携帯で出演者を撮っていたけど、自分が撮した写真はこんな写真ばかり。こっちの方がず~っと魅力的なのに、なんだろうなぁ(-_-;)

スタッフに注意されるかとどきどきしながらガラス戸を接写しようとしてたんだけど、まったく注意もなにもされず、世の中の価値観と自分は大きく外れているのかと思うほど。

でも、西町のサニサンが「あのロゴいいですよねぇ、つけといてもらえばいいのに」と言っていて、まったく同感。でもあっという間に撤収されてしまいました。

となりの佐藤スポーツさんの黒板の塀にはいつの間にやら「オロナイン軟膏」の懐かしい看板まで飾られていて、さっすがぁ。8

(さらに…)

商店会


IMG_4388-3

ひな祭りのイベントに合わせて商店会の30近くの店が新しくショップカードを作った。このカードがそれぞれとても素敵。作ったI印刷さんに「誰のデザイン?」ってきいたら、案の定Oさんだという。やっぱりねぇ。Oさんとっっっっってもいい感じのセンスの持ち主。

一番のお気に入りはこのカード。昇竜さんというラーメン屋さんのおじさんの似顔絵、そっくり(@_@;)
(さらに…)

cafe看板


カフェの表に黒板型の看板を下げて、お知らせなどに使っていたのを、商店会が旧暦に合わせたイベントをすると決めた頃から、「月」にまつわる雑学程度のことを書き綴ってきた。「読んでいる人なんかいるのかなぁ」ってなスタンスでやってきたけど、このところ続けて反応があって驚いている。

最初は↓
IMG_4152-1

***************************************************
どっちが長かった?
私事ですが、スタッフSの母は大正15年生まれ、
子供は平成元年生まれです。
年号は年の途中で切り替わるためとても短いこともあります。
さて、大正15年の次、昭和元年と
平成元年の前、昭和64年ではどちらの方が長かったか解りますか?
*************************************************************

これを見た人が店先を掃除中のYちゃんに「違うんじゃない?」と。「大正天皇の崩御は12/25、よ~く覚えている。だから昭和元年は12/26から」というご指摘。そこで調べ直してみたところ…。

とても微妙な話なのですが、明治天皇が亡くなったのは1912年7月30日、大正の元号は同日施行されているので、この日は明治45年7月30日であると同時に大正元年7月30日でもある。続いて、大正天皇が亡くなったのは1926年12月25日で、昭和の元号は同日施行されているので、この日は大正15年12月25日であると同時に昭和元年12月25日でもあります。

そうなんです!明治~大正~昭和と年号が変わる年は、変わる日にちが重なって存在していると言うことなんですね。 昭和天皇が亡くなったのは1989年1月7日ですが、平成の元号はこのような混乱を避けるために翌日施行されましたので、1月7日は昭和64年1月7日で、1月8日は平成元年1月8日なのです。

で、問題の答えは

************************************************************
大正15年=1/1~12/24
昭和元年=12/25~12/31

昭和64年=1/1~1/7
平成元年=1/8~12/31
************************************************************

昭和元年は7日間、昭和64年も7日間で同じでした、というもの。黒板にはかききれないので、質問以降をプリントアウトして黒板の横にぶら下げ、「ご自由にどうぞ」と30枚ぶら下げておいた。それが半分ほど無くなっていたんですわ…。

で、その次が↓
IMG_4232-1

************************

「西向く侍」ってなんのこと?

暦で31日まである「大の月」と30日までの「小の月」が何月か

覚えやすいように語呂合わせしたものです。

「にしむくさむらい小の月」と覚えました。

「侍」→「武士」→「士」→「十」と「一」

「士」という漢字を「十」と「一」の組合せとして

11月のことをしゃれて言ったのでしょう。

先日40歳代や30歳代の方に「知ってる?」と聞いたら

「知らない」そうです

今はどこででもカレンダーが見られるので覚えなくても

いいのかしら?

さて、その「西向く侍」の始まりは?続く
*****************************

先日また店先を掃除してたら犬の散歩中の、たぶんご近所さん(!?)が「続きはいつですか?」って看板を指さしていった。う~ん、見てるのね…。
(さらに…)

イルミネーション~その3


IMG_4059-2

商店会でイルミネーションを飾るというので、カフェもちょっとライトアップを派手にしてみた。LED1~2本では寂しい感じでなんとも、なんだけど。

取りあえずせっかく飾ったのでカメラの練習をかねてあちこちのを撮してきました。うまくとれたかなぁ。

IMG_4072-4

IMG_4067-3

これは練習でライトが多く見える様にぼかして撮したもの、ぼけすぎだぁ。

IMG_4018-2

(さらに…)

カフェ手帖その後


数日前、「なんだか申し訳無いような気分がするのはなぜ?」と書いた。同じことを友人につぶやいたら、「そんなことない」と口をそろえてエールを送られた。なんだかとっても嬉しい.吹っ切れた気がする。これからも楽しみながらがんばろう。
(さらに…)

ゆたりなカフェ手帖


IMG_4155-1

1年くらい前に取材にきて、後々冊子として発行する予定と言われいていたカフェの本「いばらき ゆたりなカフェ手帖」、できあがって書店に並んでいました。秋くらいに校正の依頼が来ていて、11月末頃発行とは聞いていたが、書店で見て改めてびっくり。

ひょんなことから始まってしまったカフェなのに、こんな風に紹介してもらえるなんて、なんだか申し訳無いような気分がするのはなぜ?

ページをめくると自分が行っているカフェがたくさん紹介されていて、やっぱりそこに並ぶってのはなんか申し訳無い…でも取り上げていただけて嬉しいことはとても嬉しい。う~ん複雑。
(さらに…)

.